R1年度 中学2年 スキー研修

R1年度 中学2年 スキー研修

2020/2/19

令和元年度 中学2年生スキー研修

~雪一杯の志賀高原「高天ヶ原マンモススキー場」へ~

今年度の中学2年生のスキー研修は、全国的な雪不足のため、場所を岐阜県流葉スキー場から長野県志賀高原高天ヶ原マンモススキー場へ変更して実施しました。

1月25日(土) 1日目  

中学2年生スキー研修参加者は、学校に集合し予定通りバスで長野県志賀高原に向けて出発しました。途中休憩・昼食を経て、現地を目指しました。道路状況がよく、予定より到着時間が大幅に早まることから、志賀高原の地獄谷温泉にある有名な野猿公苑に立ち寄りました。外国人観光客にも人気のスポットで生徒たちも大喜びでした。その後、午後5時頃に無事宿舎に到着しました。

スキーのインストラクターの方々や宿舎の方々に出迎えていただき、入館後すぐに入館式を行いました。その後入浴・夕食を経て、スキースクールの校長先生から、スキー研修に臨むにあたっての心構えなどについて講話をしていただきました。

館内で生徒たちはミーティングルームと各部屋で過ごすことになるのですが、夜は長旅の疲れを癒し、頭の回転を促すために、様々な折り紙を折って過ごしました。

長時間のバスでの移動の疲れからか、就寝時間になるとすぐに眠りに入ったようです。

<出発から野猿公苑まで> 学校集合 ー 休憩・昼食 ー 地獄谷温泉野猿公苑

<宿舎到着後の様子> 宿舎 ー 入館式 ー 夕食 ー スキー講話 ー ミーティングルーム

 

1月26日(日) 2日目

朝から快晴で絶好のスキー日和となりました。しっかりと朝食をとった後、いよいよインストラクターの方々と対面です。開講式を経て、班別に集合しブーツの履き方などを教わり、ゲレンデに向かいました。

午前中の講習が終わると宿舎に戻り昼食。昼食後はクラス写真・全体写真を撮り、午後の講習の開始です。

初日の講習を無事に終え、入浴・夕食を経て、夜は楽しみにしていたレクリエーションでした。A組B組混成の班でいろいろな種目に臨みました。予め種目の内容は知らされていなかったこともあり、予想以上の盛り上がりを見せ、学年の絆がまた深まりました。

<朝食から午前中の講習まで>

<昼食から午後講習まで> クラス写真・全体写真 ー 午後講習

<レクリエーション> ペーパータワー、スリッパリレー、小豆運び、コップオーケストラ

 

1月27日(月) 3日目

この日は朝から少し曇り、前日と比べて気温も少し下がりましたが、吹雪くことはなく良い状態で講習を受けることができました。

朝食後、早速ゲレンデへ出て午前中の講習の開始です。前日よりもコツをつかんで滑ることができました。

午前の講習が終わると、宿舎へ戻り、昼食。昼食後はお土産を購入し、ゲレンデへ出てスキー班ごとに写真を撮影しました。その後、最後の講習を受けました。今回初めてスキーをした生徒たちも講習を経て滑ることができるようになり、「もっと滑りたい!」と楽しんでいる様子でした。

全ての講習を終え、閉講式で2日間お世話になったインストラクターの方々にお礼の言葉を伝えました。そして宿舎に戻り、退館式を行い、夕食。少し雪が降っていたため、早めに帰りのバスに乗り、大阪に向けて出発しました。

バス内で睡眠をとり、道路の状況が良好だったおかげで、翌日の朝、定刻通り帰校することができました。

 

<班写真>

<講習風景>

<講習終了後の様子>閉講式ー退館式ー夕食ー宿舎出発

生徒の感想

・僕は今回スキー研修であきらめない精神を学びました。そのおかげで最後の講習の時には上から下まで滑って降りてくることができるようになりました。とても楽しかったです。(A組男子)

・初めてのスキーだったので、最初は基礎的なことばかりで、嫌だなと思うこともありましたが、次の日には滑れるようになっていてとても楽しかったです。やっぱり基礎は大事だなと思いました。(A組女子)

初日は全く滑れなくて、諦めそうになったけど、インストラクターさんが優しく、分かりやすく教えてくださったので、すぐに滑れるようになりました。とても嬉しかったです。(B組女子)

・最初は怖くて全然滑れなかったけど、インストラクターの方に教えてもらった通りに滑れば、「怖い」という感情はなくなりました。最後には「どんどん滑りたい!」と思うようになっていました。(B組男子)

 

担当者より

今年は暖冬の影響で、予定していたスキー場が雪不足となり、行き先を高校生と同じ長野県の志賀高原に変更しました。志賀高原への往路で、地獄谷の野猿公苑へ立ち寄り、温泉に入っている猿たちに生徒も癒されている様子でした。志賀高原での1日目は天候に恵まれ、2日目も吹雪くことなく、最高のコンディションでスキーの講習を受けることができました。生徒の大半が初心者で、最初は苦戦していたようですが、インストラクターの方々の指導の下、次第に滑ることができるようになっていました。感想文にもあったように、「諦めない気持ち」で取り組んだ結果だと思います。今後の学校生活においても、「諦めない気持ち」をもって何事にも挑戦していってほしいものです。