中学3年生大学見学

2019/6/13

中学3年生 社会見学

~魅力あふれる大学見学~

令和元年5月23日(木)、中学3年生は社会見学として、京都にある立命館大学(衣笠キャンパス)と 京都大学(吉田キャンパス)へ行きました。

午前中は立命館大学の見学でした。大学生活についてのガイダンスを受けたあと学生スタッフによるキャンパス・ツアーに参加しました。

貸切バスで立命館大学に到着。まず、その広さに圧倒されました。
スタッフの方から大学生活全般についてのお話や中学校・高校との違いを聴かせていただきました。

全員が集中して真剣に聴き、アンケートにもしっかりと答えていました。
現役大学生の案内によるキャンパス・ツアーで大学構内を巡りました。
大学の図書館って、こんなに大きいんだ…。 とても丁寧で親切な案内でした。

実際に使われていたものを移築した「模擬法廷」。「法廷って、こうなっているんだ…!」
最後にお礼の挨拶をしてキャンパス・ツアーを終了しました。

 

午後からは京都大学に移動。京都大学総合博物館を見学したあと、大学内の学生食堂で昼食をとりました。初めて見聞きする大学生活の魅力に、生徒たちは目を輝かせていました。

「大学の研究って、すごいんだなぁ…。」 どの生徒も興味深そうに見学していました。
京都大学の食堂、メニューがいっぱい! お腹いっぱい食べました!!
大学の魅力を満喫して大学見学を終えました。

 

【生徒の感想】

立命館大学は本当に広くてキレイだったし、設備も整っていて良かったです。自分がとりたい授業を自分で選んでとることができて、自分が本当に学びたいことを学ぶことができるというのが一番印象的でした。ただ自由度が高い分、責任を持って後悔しない選択をしなければいけないので、今しっかりと勉強をして自分が一番行きたい大学に進学することが大切だと思いました。(A組女子)

大学へ行くのは初めてで、建物の大きさやキャンパスの広さに驚きました。立命館大学にはドラマの撮影に使われたらしい模擬法廷もあり、感動しました。また、京都大学の博物館の昆虫や化石などの展示も凄かったです。大学は中・高の勉強を踏まえたうえでの学習だと聴いたので、普段からの勉強を大切にしようと思いました。(B組女子)

今回、大学見学に行ってみて「大学に進学したい」と思いました。その理由は、社会の基礎を知ることができるし、自分にとって興味のあることを学べるからです。他の地方や外国から来ている人もいるので国際的な交流ができ、他国のことを知ることができるということも魅力の一つだと思います。(C組男子)

 

【担当者より】

生徒たちのマナーや態度が良く、立命館大学のスタッフの方からもお褒めの言葉をいただきました。また、事後学習で取り組んだポートフォリオには、充実した取り組みとして捉えた前向きな感想が多く、内容の濃い有意義な社会見学であったと感じています。