中学社会見学( 1,2年生 )

2019/6/13

中学1・2 年生 春の社会見学

~ 環境問題とユニバーサルな社会について~

中学1年生(35期生)、中学2年生(34期生)は 令和元年5月23日(木)社会見学で、大阪市の南港にある「おおさかATCグリーンエコプラザ」と「ATCエイジレスセンター」に行きました。今回の社会見学は、これからの社会を生きていくために意識を高く持たなくてはいけない環境問題と、年齢やハンディに関係なく誰もが豊かに過ごすことのできる社会を実現することの大切さを学ぶことを目的として実施しました。また、公共の交通機関を利用する際のマナーを身につけることも目的の1つとしました。

 

最寄りのコスモスクエアに現地集合です。

歩いてATCに向かいます。

1年生はエイジレスセンターへ 2年生はグリーンエコプラザへ
まず係の方の説明を聞きます。 スタッフの方に挨拶をして見学開始です。
さあ、車いす体験です! 地球温暖化の影響で海面が上昇するんだ。
電動車いすは坂道でもラクラクです。 透水性のレンガは道路の温度を下げるぞ!
ペットの代わりになる癒やし系のパロちゃん(ロボット)です。 同じ運動エネルギーでは、白熱球より、LEDの方が明るくなるぞ!
体の不自由な人も使える便利グッズです。 これからは、使い捨てではなく、循環型社会を目指そう。

 

午前の見学終了。海に面した休憩場所に移動しました。

見学後は1年生、2年生が合流して振り返りのシートに学習した内容を記録し、その後は友達と楽しく昼食です。

1年生はエイジレスセンターの振り返りシートに学習した内容を記録しました。 2年生はグリーンエコプラザの振り返りシートに学習した内容を記録しました。
木陰に移動して楽しく昼食を摂りました。

 

 午後からは学習内容が入れ替わります。

1年生はグリーンエコプラザへ 2年生はエイジレスセンターへ
充電式電池のリサイクルの説明です。 車いすでは少しの坂道も大変です。
手動で発電に挑戦!LEDは省エネで点灯! 電動式の車いすは少しの力で坂道を進みます。
エコマーク付きの商品は環境への負荷が少ないんだ。 自助具の説明を聞き、体の不自由な人への配慮を学びます。
これから循環型社会を目指す必要があるかも。 お年寄り体験。年をとると階段が大変だ。
3R(リデュース・リユース・リサイクル)について学びました。 2年生も癒やし系ロボットのパロちゃんに癒やされました。
最後は1年生、2年生共に振り返りシートを記入して今日1日の学習をまとめておきました

 

生徒の感想(一部抜粋)

<グリーンエコプラザ>

・自分たちや、自分の子ども達のためにも環境を守ることを心がけなければいけないと思いました。

・地球温暖化が進むと、大阪市の海沿いの土地が水没すると聞いて驚きました。温暖化を防ぐため自分も気をつけていこうと思いました。

・自分達が気づかないところで環境問題を起こす原因を作ってしまっていたので、これからはゴミを出さないなど気を配って生活していきたい。

・今は5月なのに気温が30度以上になっている。このまま温暖化が進むと自分たちが住みにくい環境になってしまうので、今日学んだことを活かして生活していきます。

 

<エイジレスセンター>

・自分たちが生活している世の中の環境が、高齢者や障害のある人にとっては住みにくいところがたくさんあることがわかった。これからそういう人達が困っていたら何か手助けできることがないか積極的に動きたいと思った。

・心を癒やしてくれるロボットのパロちゃんは、病院で苦しんでいる人の心を温かくしてくれて元気づけてくれているのだとわかりました。

・初めて車いすに乗ってみて、こんなに難しいものだとよくわかりました。

・これからの高齢化社会で困っている高齢者の方がいたら、自分たちで手をさしのべることが大切だとわかった。自分もその力になれたらいいと思いました。

 

担当者より

今回の社会見学は、現在社会問題になっている環境問題と高齢化社会、障がい者に対する知識を深めるということでした。生徒達は係の方の説明をしっかり聞き、知識を広げ体験を通して楽しく学んでいました。午前と午後で学ぶ内容が変わり1日を通して充実して過ごしていました。生徒達の感想にもあるように、自分たちが生きていく環境を自分たちの力でより良くしなくてはいけないと感じたようです。今回の社会見学をきっかけに今後も環境問題や福祉関係の問題に興味を持ち知識を深め、実践につなげるよう期待したいと思います。