中学1年オリエンテーション合宿

2019/5/17

令和元年度  中学校オリエンテーション合宿

<1日目>  4月21日(日)

中学生となって初めてとなる宿泊行事、オリエンテーション合宿に1年生全員が出席し、4月21日(日)の早朝バスで兵庫県北部の鉢伏高原に向けて出発しました。天気にも恵まれ見晴らしの良い草原で昼食をとりました。

宿舎到着後は、入館式・開校式を経て、研修が始まりました。金光八尾中学生としての心構えを身につけようと生徒達の表情は真剣そのものでした。

研修室で学んだ後は体育館での校歌練習や集団行動訓練に臨みました。そして、入浴、夕食を終えた後にも「自己紹介」や「人権について考える」などと研修が続きました。

一日の終わりにその日の反省をしおりに記入し、一日目は終了です。

昼食はハチ高原で気持ちよくいただきました。
校歌練習や集団行動もありました。

入浴後の夕食はすき焼きでした。自分達で準備も手伝い、おいしくいただきました。食事後の研修は、「自己紹介」と「人権について考えよう」でした。

そして、一日の最後は「一日の振り返り」でした。

 

 

<2日目> 4月22日(月)

2日目も好天候に恵まれた朝を迎えました。一日の始まりはラジオ体操です。

朝食をおいしくいただいた後の研修には、集団行動に加えて、大縄跳びが加わりました。最初はうまく跳べませんでしたが、クラス毎に工夫をこらしながら、真剣に練習しました。

その後はいよいよカレー作りです。普段見ることのない自然の景色を楽しみながら川べりの公園まで歩きました。自分たちで食材を切り、おこした火に鍋をかけて食材を煮込み、自ら作ったカレーの味は、いつもとはひと味違うものだったようです。

夕食後の研修では、学校で準備してきたグループワークの総仕上げに臨みました。その後は小学校時代にお世話になった先生へはがきを書きました。今までお世話になったことに感謝しつつ、気持ちを込めて書いていました。

ラジオ体操で1日が始まりました。朝食もしっかりいただき、大縄跳びにも挑戦しました。
 
 川べりの公園に移動してのカレー作りはとても楽しそうでした。
 
 グループワークでは「中学校生活を充実してすごすために」をテーマに、各班毎で発表を行いました。その後はお世話になった小学校時代の先生にはがきを書きました。
 

 

<3日目> 4月23日(火)

最終日は体育館で、集団行動と校歌の成果発表を行いました。今までの練習の成果を十分に発揮することができました。その後、研修室で今回のオリエンテーション合宿の感想文を書きました。中学校に入学し、この合宿を通して学んだことや感じたことを書き、自分の成長を感じたようでした。この3日間は中学生として自覚を高める充実した合宿となりました。

最終日もラジオ体操でスタートしました。朝食もしっかりとりました。
 集団行動の行進では、列を乱さぬよう、一歩一歩踏みしめながら行進しました。校歌発表は大きな声で息を合わせて歌いました。感想文、昼食の後、退館式が行われ、オリエンテーション合宿が終了しました。

 

<生徒の感想文より>

・ オリエンテーション合宿で、僕が学んだことは人への思いやりです。お風呂や食事の時、周りの人のことを考えてマナーを守ればみんなで楽しくできるということを学びました。そして、学年のみんなのことがよくわかるようになりました。中学生になって友達ができるか心配だったけど、みんな優しくて楽しい人ばかりだったので仲のいい友達がたくさんできて良かったです。

 

・中学生になって初めての合宿で、まず時間を守ることの大切さを学びました。各研修でみんなが時間通り集合するために5分前行動をすることで全員がそろい、時間を無駄にすることなく多くのことを学べました。2つ目は人の話を聞くときは下を向いたりせず、姿勢を正して聞くことを学びました。こうして真剣に話を聞くことで、カレー作りの時は説明もよくわかり、おいしいカレーが作れました。これからも前で話をする人の顔を見て話を聞き、色々なことを学んでいきたいと思いました。

 

<担当教員より>

今回、中学1年生のオリエンテーション合宿を引率して、生徒たちがとても元気がいいことに嬉しさと、これから3年間の中学校生活に大きな期待感を抱きました。それぞれの研修においても、何かを学ぼうという積極的な姿勢が見られ、失敗したことを次に活かそうという反省の態度も感じられました。

まだ、スタートしたばかりの学年ですが、時間を経る毎に成長してくれることを期待しています。頑張れ!中学35期生!