H30中学修学旅行

2018/10/29

中学3年生修学旅行 

~ 感動を呼んだ日本一巡り ~

初日:平成30年10月14日(日)

新大阪駅→静岡駅→朝霧高原 まかいの牧場→富士山青木ヶ原樹海(洞窟探検)→宿舎
中学3年生修学旅行参加者は、新大阪駅に集合し、新幹線で静岡に定刻通りに到着しました。静岡駅でバスに乗り込み、朝霧高原の「まかいの牧場」で昼食をとり、その後富士山の麓に広がる樹海での自然体験に臨みました。若干肌寒い天候でしたが、樹海探索や洞窟探検など、自然の中で貴重な体験ができました。
樹海での体験後は河口湖畔にある宿舎の「ホテル美富士園」に到着し,楽しく夕食をいただいたあと温泉で1日目の疲れを癒やしました。
1日目は残念ながら天候の関係で富士山を見ることができませんでしたが、2日目は富士山の五合目まで向かうので、富士山がその雄大な姿を現してくれることを願いつつ、就寝となりました。

<出発から昼食まで>

新大阪に時間通り集合! 楽しみにしていた修学旅行の始まりです
新幹線に乗って静岡に向け出発 静岡駅に到着
昼食場所は「まかいの牧場」 昼食はバーベキューです

 

<自然体験>

 
ホールアース自然学校のガイドさんから説明を聞いて自然体験学習の始まりです  樹海探索の後は、ヘルメットをかぶって洞窟探検の準備です
 
 いよいよ洞窟探検!  初めての洞窟「すごーい」
 洞窟の中はライトがないと真っ暗です  洞窟の出口は小さい穴でした

<宿舎の美富士園での夕食>

 河口湖畔の美富士園に到着 ボリューム満点の夕食です
   
 しっかり食べて明日も頑張ろう!  食事中ですが「はいピース」

 

2日目:平成30年10月15日(月)

宿舎 → 富士山 → 東京大学 → 浅草 → 宿舎
2日目の朝、宿舎から河口湖越しに富士山が見えました。朝食後宿舎を出て富士山五合目に向かいましたが、標高が上がるにつれて雨模様となりました。富士山五合目のレストハウスに着く頃には傘が必要になるほどになり、残念ながらトレッキングコースを歩く計画を取りやめて、レストハウスでの買い物だけとなりました。そんな中でも買い物の時間を楽しんだり、名物のメロンパンをほおばりながら、思い思いの時間を過ごしていました。

富士山を下りた後は、東京大学に向かいました。赤門をバックに記念写真を撮り、有名な安田講堂をはじめ日本一の大学の雰囲気を味わったことだと思います。昼食は大学の食堂を利用しました。残りの時間をお土産購入や構内散策に当てていました。

次は浅草です。班別に浅草寺の境内と仲見世通りを中心に散策・買い物を楽しみました。外国人観光客の多さに圧倒されながらも、ここでも思い思いの時間を友達と過ごしました。

浅草を後にして2日間の宿となる「舞浜ホテルクラブリゾート」に到着しました。ディズニーランドのオフィシャルホテルとしての豪華さに生徒達の表情は驚きから笑顔に変わっていきました。まずはビュッフェ形式の夕食。メニューの豊富さと味の良さに友達との会話もはずみました。夕食後は、添乗員の方から明日のディズニーランドでの上手な見学の仕方を伝授していただきました。その後、各自の部屋で入浴、荷物整理、明日の準備等をして2日目が終わりました。

<出発から富士山五合目まで>

 朝、美富士園からみた富士山です  富士山五合目レストハウス展望台は「寒かった~」
 レストハウスで人気の富士山型メロンパンです

 おやつにメロンパン

「ふんわりしていておいしかった!」

 

<東京大学>

 東京大学赤門前で クラス写真 A組   クラス写真 B組
  クラス写真 C組  安田講堂前で「はい ジャーンプ!」
 東京大学 学食での昼食です  それぞれが、メニューを選んで楽しく食事

 

<浅草・舞浜ホテルクラブリゾート>

 浅草寺に着きました  雷門前で「はい ポーズ」
 浅草のおせんべいは「おいしいよ!」  名物の人形焼き「お土産に買っていこう」

舞浜ホテルクラブリゾートに着きました。ホテルの中が町のようで感動!

 夕食はホテル内で、ビュッフェです。メニューの多さにびっくり!

 自分の好きな料理を選んで大満足  夕食後は、明日のディズニーランドの楽しみ方をレクチャーして頂きました

 

3日目:平成30年10月16日(火)
宿舎→国会議事堂→スカイツリー→宿舎(ディズニーアカデミー受講)→ディズニーランド→宿舎
朝食後バスで国会議事堂の見学に向かいました。現在の議事堂は昭和11年に完成したもので、内部の見学という経験はなかなかできるものではありませんので、貴重な体験になったことでしょう。

国会議事堂を出た後は、スカイツリーに向かいました。昨日浅草から見えていたものの改めて見上げると、その高さに驚きました。エレベーターで地上350mにある天望デッキまで上がり、そこから降りながら各フロアーで買い物を楽しんでいました。

その後ホテルに戻り、昼食後「ディズニーアカデミー」を受講しました。ディズニーランドのスタッフの接客の行動規準や、コミュニケーションのポイントなどを学び、受講後の体験に役立つだけでなく、将来の自分に向けても役立つ心構えを学べたと思います。その後はいよいよディズニーランドに向かいました。友達同士で楽しむディズニーランドは格別だったようで、集合場所に戻ってきた表情は満足げなものばかりでした。帰りはリゾートラインというモノレールに乗車してホテルに向かいました。ホテルに到着後は入浴を済まして就寝準備。思いの外疲れたのか、生徒たちはすぐに眠りにつきました。

<朝食から国会議事堂> *議事堂内では撮影禁止です。

 ホテルのレストラン 開放感が素晴らしい!  朝食もビュッフェ形式です
 いよいよ国会議事堂の見学  国会議事堂の周りは「こんな感じかー」
 いよいよ議事堂内に入ります 見学を通して貴重な体験をしました

 

<スカイツリー>

 634m(ムサシ)のスカイツリーを下から見上げるとその高さに圧倒されます  地上350mの展望デッキからの眺めです
展望デッキからの眺めは素晴らしい   「お土産も買って帰ろう」

 

<ディズニーアカデミー、ディズニーランド>*ディズニーアカデミーの内容やランド内での写真は残念ながら公開できないことになっています。

 午後からはまず、ホテルの会場でディズニーアカデミーです  ディズニーアカデミーではランドのキャスト(従業員)からおもてなしの心得を学びました
 
 いよいよ待ちに待ったディズニーランド!  友達と一緒に楽しさ最高潮
 友達との楽しい思い出もたくさんできました

明日はいよいよ最終日です。江戸東京博物館や横浜の中華街等を見学する予定です。

 

最終日:平成30年10月17日(水) 
宿舎→江戸東京博物館→横浜中華街→新横浜駅→新大阪駅
いよいよ最終日の行程を迎えました。ホテルを後にし、江戸東京博物館に向かいました。外国からの観光客や修学旅行生も数多く見学していました。
次に東京を離れ、横浜の赤レンガ倉庫と中華街を訪れました。赤レンガ倉庫をバックに記念写真を撮り、中華街で中華料理を味わいました。食後は中華街の散策と買い物・食べ歩きを楽しみ、新横浜駅から定刻通りの新幹線で一路大阪を目指しました。

予定通りの時刻に帰阪し、初日に集合した場所で解団式を行い、午後6時頃に解散しました。

2連泊した、舞浜ホテルクラブリゾートともお別れです  江戸東京博物館に入館します
 昔の江戸の様子です  当時の江戸の雰囲気を味わいます
 人力車、人を乗せて牽くのは大変だ!  人力車の次は自転車です
 横浜、赤レンガ倉庫前でジャンプ  昼食場所は中華街の「揚洲飯店」です
 修学旅行最後の食事です  中華料理を取り分けてみんなでいただきます
 昼食後は班ごとに中華街を自由散策 中華まん、熱々でおいしかった!
 お土産と楽しい思い出をたくさん持って帰ります  無事、新大阪に着いて解散しました

 

・生徒の感想文より

「最高の修学旅行」

青木ヶ原樹海では、ガイドさんから溶岩の上に植物が生えてできていると聞いて驚きました。洞窟内ではどれだけ長い時間入っていても目が慣れない暗さだと聞き、実際に体験してみて本当に真っ暗でライトを消すと何も見えず、自分の手をどれだけ近づけても手が見えなかったことにびっくりしました。ディズニーランドでは、5時間の間に4つもアトラクションに乗れて嬉しかったです。キャストの方から花火がよく見える場所を聞いていたのでそこで友達と花火を楽しみ大満足でした。赤レンガ倉庫の前でクラス全員が一斉にジャンプして1回でその写真が撮れたのでみんなのチームワークを感じました。最初で最後の中学生での修学旅行、いつまでも思い出に残る最高の修学旅行になりました。

「感謝」

修学旅行のバス内ではバスガイドさんに色々教えてもらいました。バスガイドさんはこの修学旅行のために前々から案内場所を調べていたり、ゲームを用意していたり準備をしてくれていました。まず、そのことに感謝したいです。浅草寺では班員でたくさん写真を撮り、友達がおみくじで大吉を引きみんなで驚きました。夕方、舞浜ホテルクラブリゾートに行き、とても美しく驚きました。食事は朝と晩ともビュッフェ形式で料理の品数や質もすごく良かったです。部屋で友達と話をしていてとても楽しく寝るのがもったいなかったです。ディズニーランドでは班員でおそろいの帽子を買ったり、アトラクションに乗ったりしてとても満喫しました。このように修学旅行を充実できたのは、自分の親、先生方、旅行社の方、バスガイドさんや運転手さんホテルの方など多くの方のおかげです。本当にこの修学旅行に関わって頂いた全ての方に感謝したいです。ありがとうございました。

・担当者から一言

昨年訪れた東京タワーをスカイツリーに変更したり、昨年行けなかった江戸東京博物館に行ったり行程を変えました。生徒にとっては最初で最後の修学旅行なので、一生の思い出になるよう考えました。行く前は、色々心配なことはありましたが、終わってみるとその心配は安心に変わっていました。3泊4日の修学旅行中、自由行動のとき、生徒達は班別行動で友達と協力することを第一に考え行動していました。そのため、友達同士の絆も深まったようです。修学旅行後、生徒達は一回り成長し、また、生徒の感想文にもあるように、多くの体験をすることで感動を味わい、この修学旅行を多くの人に支えてもらえたことに感謝の気持ちが湧いてきたようです。修学旅行から帰ってきて、生徒達が「本当に楽しかった! もう1回行きたい!」と言ってくれたことが何よりも嬉しく思い、この修学旅行で友情が深まり、一生の思い出となったと思います。