H30高1オリエンテーション合宿

2018/5/14

4月22日(日)第1日目
今日から3日間の日程で、兵庫県ハチ高原にてオリエンテーション合宿を行います。
この合宿を通じて金光八尾高校での生活を学び、その一員としての自覚と態度をより強固なものにします。



合宿初日、8時15分に学校を出発し、予定通り12時にハチ高原に到着しました。生徒たちは広大な自然を眺めながら、美味しくお弁当をいただきました。天候にも恵まれ、気持ち良く合宿の始まりを迎えることができました。

入館式では代表生徒が挨拶をしました。

期間中お世話になる宿舎に移動し、3日間の研修に向けて全員おそろいの「34期トレーナー」に着替え、気持ちを引き締めました。この日は、学校生活に関するものから人権学習まで幅広い内容の研修を行いました。みんな話を真剣に聞き、しっかりメモをとっていました。

 

仲間たちとの夕食は楽しい雰囲気に包まれていました。

 

夕食後は各クラスに分かれて校歌発表の練習を行いました。どのクラスも優勝を狙い、真剣な様子でした。

 

4月23日(月)第2日目

2日目も青空が広がる良い天気に恵まれました。2日目は主に集団行動訓練や校歌発表会など、クラスの団結を高める活動を中心に行いました。集団行動では、各クラス 体育委員の号令のもと一糸乱れぬ力強い演技を発表しました。また、校歌発表会では、各クラスで工夫を凝らしました。どの発表もクラスのカラーがよく表れたものになりました。これらの研修を通して、目標達成に向けて団結して取り組む大切さを学び、クラスの絆が深まりました。

朝は元気よく体操をしました。 おいしく朝食をいただきました。
真剣な表情で指導に耳を傾けます。 みんな きびきびと動いています。

集団行動発表会を行いました。 どのクラスも立派な行進でした。
校歌発表会が始まりました。練習の成果を見せるときです。 優勝目指して一生懸命歌っています。
クラス全体がいきいきとした様子でした。 とても工夫を凝らした発表でした。

 

4月24日(火)第3日目

3日目はあいにくの雨だったので、屋内での研修となりました。

屋内ではNASAゲームと呼ばれる 15個のアイテムを重要度の高い順に並べかえるゲームや、体育大会に向けて大縄飛びやボール運びなどの練習を行いました。NASAゲームでは、班員と熱心に話し合い正解に導こうとする姿が見られました。

体育大会の練習では、身体を動かすことを通して仲間と一致団結する楽しさを知ることができたようでした。

 

NASAゲームの様子。表情は真剣そのものです。
大縄飛びの練習では、1回でも多く飛ぼうと奮闘する姿が見られました。

ボール運びの練習では、早く運びきるにはどう動けば効率が良いかと作戦会議をするクラスもありました。

 

全ての研修をしっかりと終えて退館式をむかえました。

 

この合宿で生徒は、何事にも積極的に取り組み、協力することの大切さを学びました。この経験を活かし、日々の学校生活をより良いものに変えていってくれるでしょう。

 

生徒の感想文の紹介(一部抜粋)

・英語の暗記にとても苦労した。けれど正しい勉強方法を学んで、テスト勉強の不十分さに気づかされ、「書く」「読む」を実際に取り入れてみると、一発で合格できたので、大きな収穫だった。

・みんなの真剣な目、先生の本気さが伝わってきて、私もだんだん真剣に向き合おうとする気持ちになっていった。発表会では完璧に行動できた。集団行動は1人1人の気持ちで決まると思った。

・先生がおっしゃった「羞恥心の先に本当の楽しみがある」という言葉を信じて突き進むことができた。校歌発表会で優勝したことにうれしく思ったと同時に、恥じらいなく生きようと心に決めた。

・自分の未来のためにがんばろうと思った。今までなんとなく勉強して、なんとなくよい大学にいければ良いなと思っていた。しかし、僕の目指す国公立大学はそんな甘いものではないと思った。

・中学校では色々あったけど、高校に入ってこの合宿に参加して本当に感動した。みんな協力しあって、思いやりを持った行動を心がけていたし、何よりけじめをつけることができる努力家が多いことに感心した。

・僕は人間関係を築くことがあまり得意ではないが、3日間同じ部屋で生活したり、近くにいたりしたので、少しずつだが人間関係を築いていくことができたのではないかと思った。

・3日間あまり不自由な感じはしなかった。睡眠時間も確保でき、間違ったことをした人は厳しく指導されるので、正しく真面目にがんばろうという意欲がわいてきた。

 

 

オリエンテーション合宿を終えて  ~担当教員より~

 

第34期高校1年生オリエンテーション合宿は、「2泊3日の集団生活・集団行動訓練・人権講話・研修を通して、協調性・責任感・自主性を高め、金光八尾高等学校の生徒としての自覚と態度をより強固なものにする」ことを目的として行われました。生徒たちは各研修を通じて、学習の仕方を学び、進路を考え、集団での活動を経験し、厳しさと楽しさを感じてくれたと思います。生徒たちの真剣に研修を受ける眼差しと、友達と楽しそうに会話している姿が印象的でした。各研修を経て、生徒たちは自らの考え方を金光八尾高等学校の生徒として相応しいものに変革できたのではないかと感じています。

このオリエンテーション合宿で得たことを糧にして、34期生全員がこれからの学校生活をより充実したものにしてくれることでしょう。そして高校での3年間を有意義に過ごし、それぞれの望む進路実現を成し遂げてくれることを期待しています。