学習指導(中学)

生徒の「伸びる力」+教師の「伸ばす力」

データが示す伸びる実感

入学後の着実な伸び(現高1)

ベネッセの模試は全国的な模試で、大阪府内の私立中学60数校の8割以上が参加しています。 その多くは五ッ木・駸々堂模試の偏差値で50以上のレベルの学校です。
府内の参加校の平均と比べると、入学後の伸びの違いがよくわかります。
また、入学時の上位20校の平均と比べると、上位校が下降傾向であるのに対して、本校は2年次以降で大きく伸びており、その差が縮まってきていることがわかります。

上位層の顕著な伸び(現高1)入学時と中3のベネッセ模試の成績を比べると、偏差値50以上の生徒の割合が大きく増えており、学年の半数近くになっています。
また、60以上の生徒が大きく伸び、全体の1割にも達しています。入学時より上位層も着実に伸びていることがよくわかります。

2つの模試から見ると本校は、入学時点では府内私立中学の中位のやや上のレベルですが、 3年生になると府内私立中学校平均より顕著に学力が伸びています。

スタディアシスタント ~卒業生による学習支援~

学習支援のひとつとして、本校卒業の現役大学生によるスタディアシスタント制を導入し、放課後の自主学習の充実を図ってきています。普段の放課後ははもちろん、考査前や夏休みや冬休みなどの時期に、このスタディアシスタントの先生が教えてくれます。
勉強面のみならず、クラブ活動や生活面での相談にのってもらったりするケースも多く、生徒たちに好評です。将来あの先輩のようになりたいと願い、勉学に励む生徒たちの目標になっています。

学力をつけるための方程式

方程式1 規律ある生活習慣

  • 学習指導と生活指導は車の両輪です。
  • 生活態度の向上が学力アップの原点です。
    身だしなみ ・ しつけを徹底
  • 「四つの約束」を徹底しています。
    ~元気な挨拶・正しい姿勢・正しい言葉遣い・思いやりの気持ちと行動~

規律ある生活習慣

規律ある生活習慣

方程式2 ゆとりの学習時間

  • 授業時間をしっかり確保しています。
    週あたり38時間(公立中 標準29時間)
  • 講習が充実しています。
    放課後や休業中もしっかり学習
  • 勉強合宿を実施しています。(3泊4日)
    自学自習の習慣付け
ゆとりの学習時間

ゆとりの学習時間

方程式3 個々の生徒に合った学習支援

  • 習熟度別や分割授業等で効果的に指導します。
  • 「わかる授業」「わかるまでやる授業」で指導します。
    面倒見の良さがモットー
  • 個々の能力に応じて、計画的に学習します。
個々の生徒に合った学習支援

個々の生徒に合った学習支援

方程式4 フォローアップ体制の充実

  • きめ細やかな小テストで学習内容の確認度が高くなります。
    (毎朝SHR後に小テストの時間を設けています)
  • テスト後には「やり直し」を徹底します。
    テストは受けた後が肝心
    まちがいはそのままにしません。
  • スタディアシスタント制で学習の応援をします。(本校卒業の現役大学生による学習支援)
    〜先輩が目標です〜
フォローアップ体制の充実

フォローアップ体制の充実

方程式5 達成感につながる取り組み

  • GTECや漢検・英検を全員が受験し、級が上がると自信になります。
    (漢検準2級以上や英検準2級以上の合格者が増えています)
  • 定期考査前にはそれぞれの数値目標をたて、計画表にもとづいて学習する習慣をつけます。
達成感につながる取り組み

達成感につながる取り組み

方程式6 学習動機を刺激する取り組み

  • 朝礼前の「朝の読書の時間」思考力は読書から
  • 興味付けが学習の楽しみにつながります。
    外国人講師による英会話
    進路LHR(卒業生や高等学校の担任からの話など)
    電子黒板、パソコン等の有効活用
  • 「伸びしろの大きな生徒」を育てます。
    知識の詰め込みではない「問題解決力」の育成
学習動機を刺激する取り組み

学習動機を刺激する取り組み

方程式7 6年間継続した指導体制

  • 中高6年間を通した指導で伸ばします。
    発展的な学習の積極的導入。しっかりとした基礎力の育成
  • 豊富なデータを有効活用しています。
    コンピュータで管理された成績資料
  • 早い段階で大学進学への意識付けをします。
    中高一貫の進路指導、大学見学(中3)
    ゴールは「目標の大学合格」
6年間継続した指導体制

6年間継続した指導体制