コース・カリキュラム

S特進コース

中高6年間で系統的なカリキュラムを組み、大学進学を見通した学力を養成し、京大・阪大等の難関国公立大学への進学を目指します。

  • 中学3年からは大学進学を見据えた発展的学習を含めたカリキュラムで高い学力の習得を目指します。
  • 併設高校への進学時に「内部進学者学力検査」を実施します。その結果に基づいて、併設高校の「S特進」か「特進」、「総合進学」のいずれかのコースに進学します。
  • 高校2年進級時に国公立文系・理系に分かれ、その後は大学進学に向け、難関国公立大学(京都大・大阪大・神戸大・大市大・大府大など)への現役合格を目指します。

学習の流れ

S特進コース

先輩からのメッセージ

3年 A組
角田 美緒

この金光八尾で頑張りたい

金光八尾中学校は「面倒見の良い学校」と聞いて入学して以来、日々そのことを実感しています。たとえば、朝の小テストです。合格するまで再テストを受けなければならないので、自然と勉強する習慣が身につき、分からない問題がそのままになることもありません。そしてそのことが定期テストへと結びつき、効率よく勉強ができるようになります。また、分からない問題は、放課後先生に質問できるので、その日のうちに解決することができます。そのため、クラブ活動との両立がしやすいと思います。さらに、漢字検定や英語検定にも学校全体で取り組んでいます。その時期になると、各級の練習問題プリントが置かれ、自主的に勉強することができます。それらに取り組むことによって自信が生まれ、モチベーションが上がります。
また、金光八尾には様々な行事があるのも魅力です。中学生と高校生が同じ校舎なので、文化祭では高校生の模擬店や迫力のあるダンスの発表を楽しむことができます。スキー研修では、レベル別に目標を持って講習を受け、最後にはバッヂテストを受けることで達成感を得ることができます。
金光八尾中学校は少人数なので、先生方は生徒一人一人のことをよくわかってくれています。さらに自分をもっと伸ばしたいと思っている生徒には、全力でサポートしてくれます。これからもこの金光八尾中学校を信じ、仲間と共に頑張っていきたいと思います。

特進コース

中学段階での基礎・基本事項の学習を徹底し、高校での学習に適応できる基礎力の養成を図ります。
中学1,2年までは、S特進コースと基本的に同じカリキュラムで学習します。

  • 中学3年への進級時に「コース分け試験」を実施します。その結果で、S特進か特進かコースが決定します。
  • 併設高校への進学時に「内部進学者学力検査」を実施します。その結果に基づいて、併設高校の「S特進・特進・総合進学」のいずれかのコースに進学します。
  • 高校2年進級時に希望と適性、能力により、それぞれのコースの文系・理系と美術のコースに分かれ、その後は大学進学に向け国公立大学をはじめ難関・有名私立大学への現役合格を目指します。

学習の流れ

特進コース

先輩からのメッセージ

3年 B組
仲村 和繁

勉強とクラブの両立を目指して

僕が金光八尾中学校を受験しようと決めたのは、小学校6年生の2学期になってからでした。仲の良い地元の友だちと離れることは大きな不安でしたが、金光八尾中学に進学した方が、自分の将来の選択肢が少しでも増やせるのではないかと思い、受験を決意しました。
入学して最初の頃は学校生活になかなかなじめませんでしたが、準硬式野球部に入部し放課後に一緒に活動することで、友だちがたくさんできました。友だちとの距離も縮まり、しんどいながらも楽しい時間が過ごせるようになりました。
そして、クラブ活動を始めたことが、勉強面にも良い影響を与えました。朝にある小テストに不合格になると、放課後に再テストがありクラブに行けないので、小テストの勉強を必ずするようになり、合格率も上がりました。また、入学時に先生がおっしゃっていた、「毎日短い時間でも家庭学習を必ずする」を今でもずっと続けています。長い時間が取れないこともありますが、たとえ30分でもこれを続けているおかげで、定期テストの勉強もそれほど焦ってやらなくてもよく、学校生活に余裕が生まれました。
僕は今、金光八尾中学校に入学して良かったと思っています。勉強時間は公立の
中学校に比べると確かに多いですが、その分たくさんのことを吸収できます。これか
らも勉強とクラブの両立を目指してがんばりたいと思います。