コース・カリキュラム

S特進コース

中高6年間で系統的なカリキュラムを組み、大学進学を見通した学力を養成し、京大・阪大等の難関国公立大学への進学を目指します。中学3年からは大学進学を見据えた発展的学習(先取り学習)を含めたカリキュラムで高い学力の習得を目指します。

  • 中学3年への進級時に「コース分け試験」を実施します。その結果で、S特進か特進かのコースが決定します。
  • 併設高校への進学時に「内部進学者学力検査」を実施します。その結果に基づいて、併設高校の「S特進」か「特進」、「総合進学」のいずれかのコースに進学します。
  • 高校2年進級時に国公立文系・理系に分かれ、その後は大学進学に向け、難関国公立大学(京都大・大阪大・神戸大・大市大・大府大など)への現役合格を目指します。

学習の流れ

S特進コース

先輩からのメッセージ

3年 A組
芝尾 星里

周囲の支えで充実した中学校生活

私がS特コースを希望した理由は、将来就きたい職業が定まったときに、その職業を目指すことのできる学力をつけるためです。金光八尾は、学力向上のための様々な取り組みがあります。授業や定期テスト以外にも、朝の読書の時間、日々の小テスト、そして課題などがあります。日々の小テストは合格できなければ放課後に再テストを受けて合格するまで取り組まなければいけません。私はできるだけ一回で小テストに合格できるよう努力しています。このような日々の積み重ねが定期テストの成績にもいい影響を与えています。また、先生方に質問に行ったときにはわかるまで丁寧に教えてくださいます。さらに、英語検定や漢字検定といった検定試験を校内で受験することで、社会に出ても役立つスキルを身につけることもできます。それ以外にも、放課後に金光八尾出身の大学生の先輩方から直接勉強の指導を受けることができたり、中学校時代の体験談や勉強法だけでなく、大学の様子なども聞くことができます。
さらに、クラブ活動では中学校だけでなく高校の先輩方とも共に練習するため、両方の先輩から、より広い視点でのアドバイスを頂くことができます。私は陸上競技部に所属していて、競技についてのアドバイスはもちろん、勉強面でもわからないところがあれば、とても親切に教えてくださいます。
私は金光八尾に入学し、家族や先輩方の支えもあって充実した学校生活を送っています。みなさんも金光八尾中学校で充実した学校生活を送ってみませんか。

特進コース

中学段階での基礎・基本事項の学習を徹底し、高校での学習に適応できる基礎力の養成を図ります。
中学1、2年までは、S特進コースと基本的に同じカリキュラムで学習します。

  • 中学3年への進級時に「コース分け試験」を実施します。その結果で、S特進か特進コースが決定します。
  • 併設高校への進学時に「内部進学者学力検査」を実施します。その結果に基づいて、併設高校の「S特進・特進・総合進学」のいずれかのコースに進学します。
  • 高校2年進級時に希望と適性、能力により、それぞれのコースの文系・理系と美術のコースに分かれ、その後は大学進学に向け国公立大学をはじめ難関・有名私立大学への現役合格を目指します。

学習の流れ

特進コース

先輩からのメッセージ

3年 B組
国吉 透太

厳しい中にも楽しい学校生活

僕は金光八尾に入学する前、私立中学校の勉強は難しそうでついていけるか、友達をすぐ作れるか、不安でした。しかし、将来の事を考えて受験をしました。入学してから学校生活を楽しめるように努力することを決めました。勉強とクラブで活動を両立したいと思い、一年生の時に準硬式野球部に入部しました。これまで野球をした事の無い僕が入部してついていけるか不安でした。また、周りの友達は野球部の経験がある人がほとんどでした。周りに追いつくため毎日バットを振り野球のルールを覚えたりと大変でした。ですが、今僕は野球部のキャプテンになることが出来ました。先生方や先輩方にアドバイスを頂きながら日々練習を頑張っています。
また挨拶を常に心がけています。学習面では、授業や小テスト、課題など真剣に取り組まなければなりません。小テストに落ちると再テストがあり、クラブには行けなくなってしまうので、しっかりと準備をする必要があります。定期考査や実力テストなどは少しでも勉強の成果を出せるよう努力しています。計画的に勉強していくことで、クラブはもちろん土日の時間を趣味やクラブ活動にあてることができます。周りには支えてくださる先生方や先輩方がいてそして友人がいます。
僕は毎日の学校生活がとても楽しいです。中学校生活に不安を持っている人も多いかと思いますが、厳しい中にも楽しい学校生活を送る事の出来るこの金光八尾中学校で有意義な学校生活をおくりませんか。