コース・カリキュラム

S特進コース

京都大・大阪大・神戸大などの難関国公立大学の現役合格を目指します。

目標とする主な大学

  • 京都大
  • 大阪大
  • 神戸大
  • 大阪市立大
  • 大阪府立大など

京・阪・神・市・府大学の合格を目指す充実した独自の教育システム・学習内容!

① 学習進度、学習内容、使用教材は、S特進コース独自に設定しています。

② 1年生では、基礎・基本を大切に、理解する授業から、さらに納得し理解できるまでやりきる授業・講習に取り組みます。

③ 月・木・金(7・8時限)、火(8時限)の講習は必修です。

④ 2年生から、希望と適性に応じて、国公立文系・国公立理系に分かれます。 国公立文系コースは、大学入学共通テスト(仮称)に対応した国数社理英の5教科の学習と難関国公立大学の2次試験の文系教科に対応できる応用力を身につける学習をします。 国公立理系コースは、大学入学共通テスト(仮称)に対応した国数社理英の5教科の学習と難関国公立大学の2次試験の理系教科に対応できる応用力を身につける学習をします。

⑤ 3年生では、3年間の学習内容を早い段階で終了し、大学入学共通テスト(仮称)・志望大学に向けた難易度の高い入試問題に対応できる実戦力を養います。講習では、大学入学共通テスト(仮称)対策講座を実施します。また、個々の受験大学に対応した国公立2次対策特別講座を実施し、現役合格を目指します。

⑥ 3年間、日々の学習内容の定着をその都度小テストで確認します。その積み上げが学力向上の大きな原動力になります。

放課後の講習、長期休業中の特別講習を通して、学習内容を深め、さらに応用力を養います。

⑧ 3年間、計画的に、模擬試験を実施します。模擬試験後は、成績を分析し、一人ひとりについて個人面談と的確なアドバイスを行い、弱点の補強、学習内容の確認を行い、志望大学の合格を目指します。

時間割及び科目別時間帯

時間割
S特進コース時間割
科目別時間帯
S特進コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

2年 S特進コース担任
柏原 弘和

夢を叶えるS特進へ

S特進コースは、難関国公立大学である京都大・大阪大・神戸大・大阪市大・大阪府大をはじめとする、全国の主要国公立大学への現役合格を目指すコースです。近年は、国公立大学医学部への合格者も出しています。
このコースでは、毎朝小テストを実施し、6時間の通常授業に加えて7・8限の講習を行っています。小テストは、日々の学習成果を点検したり、学習の基盤づくりを目的に実施しています。また、7・8限の講習により学習時間を確保し、きめ細かい指導を行うことで受験に勝利するための十分な学力を付けることができています。更に放課後は、生徒一人ひとりの疑問点を解消するために、教員が個別指導に当たっています。
このような環境の下で、S特進には高い志を持ち意欲的に取り組む生徒が多数集まっています。学習面は勿論のこと体育大会・文化祭などの行事にも積極的で、様々な場面で活気のあるコースとなっています。この雰囲気の中で相互に信頼し合い、高め合い、全力で頑張っています。 頑張る仲間と、熱い思いで君たちを支える教師陣に囲まれ、”夢をカタチに”してみませんか。君たちの入学を待っています。

2年 S特進コース
森脇 一加
(羽曳野市立 峰塚中学校出身)

友達とともに

S特進コースは、国公立大学を目標にして勉強を頑張っています。みんな同じ目標を持っているので、支えあいながら勉強ができる環境だと思います。毎朝の小テスト(数学、英語、国語)を積み重ねることで学力を定着させることができます。日々の予習、復習、課題は大変です。しかし、継続することで授業内容の理解を深めることができます。授業中に十分に理解することができなかったり、少しでも疑問に思ったことがあれば、休憩時間や放課後に先生方は丁寧に教えてくださいます。この学校の先生方は、私たちがきちんと理解し、身につくまで丁寧にそして工夫を凝らして教えてくださるので、その日のうちに授業内容を理解することができます。そのおかげで、自分は日々学力がついていることが実感できます。
また、体育大会や文化祭では、一人ひとりが一生懸命取り組みクラスが一つになって楽しい思い出を作ることができます。また、喜びや頑張りを分かち合える友達にも出会えます。このようなすばらしい環境の下で、友だちとともに2年後の受験に向けて努力しています。

 

特進コース

国公立大学、早慶・関関同立等の難関大学の現役合格を目指します

目標とする主な大学

  • 大阪大
  • 神戸大
  • 大阪市立大
  • 大阪府立大
  • 京都府立大
  • 神戸市外大
  • 大阪教育大
  • 関西大
  • 関西学院大
  • 同志社大
  • 立命館大
  • 早稲田大
  • 慶応大
  • 上智大など

国公立大学・難関私立大学を目指しながら、8限目の講習は希望制で勉強とクラブの両立ができるコースです。

① 学習進度、学習内容、使用教材は、S特進コースに準じて設定しています。

② 1年生では、基礎・基本を大切に、理解する授業から、さらに納得し理解できるまでやりきる授業・講習に取り組みます。

③ 2年生から、学習成績によりS特進コースへのクラス変更が可能です。

④ 7時限目の講習は、必修です。8時限目の講習は、さらに勉強する人、クラブ活動を頑張る人、それぞれの希望で選択できます。

⑤ 2年生から、希望と適性に応じて、文系・理系に分かれます。早い段階から文系・理系を決めることで、志望校合格へ意識を高めます。 文系コースは、国語、社会、英語の3教科を集中的に学習します。理系コースは数学と理科に比重をおきながら国・社・数・理・英の5教科を学習します。

⑥ 3年生では、3年間の学習内容を早い段階で終了し、大学入学共通テスト(仮称)・志望大学に向けた難易度の高い入試問題に対応できる実戦力を養います。講習では、大学入学共通テスト(仮称)対策講座を実施します。また、個々の受験大学に対応した特別講座を実施し、現役合格を目指します。

⑦ 3年間、日々の学習内容の定着をその都度小テストで確認します。その積み上げが学力向上の大きな原動力になります。

放課後の講習、長期休業中の特別講習を通して、学習内容を深め、さらに応用力を養います。

⑨ 3年間、適切な時期に、模擬試験を実施します。模擬試験後は、成績を分析し、一人ひとりについて個人面談と的確なアドバイスを行い、弱点の補強、学習内容の確認を行い、志望大学の合格を目指します。

時間割及び科目別時間帯

時間割
特進コース時間割
科目別時間帯
特進コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

竹林 名保子

2年 特進コース副担任
竹林 名保子

生徒の夢は私たちの夢

特進コースは、国公立大学・難関私立大学進学を目指すコースです。2年生からは文系クラスと理系クラスに分かれます。毎朝の小テストで基礎学力の定着をはかるとともに、8限目までの講習では、生徒たちの適性と、将来の進路選択に基づいて、それぞれに資する確かな学力を身につけられるように徹底したカリキュラムを設定しています。
難関大学の試験に対応できる高い学力を身につけることは決してたやすいことではありませんが、目標に向かって何事にも努力して取り組むこと、常に自分を信じ、夢と希望を大切にすること、クラスの仲間とともに切磋琢磨して課題に向かうこと、時には汗を流し、悔しさや喜び、そして感動に涙を流すこと、そういった日々の懸命な取り組みが、結果的には志望校合格のみならず、将来世界で活躍する「高い志を持った人材」を育てると信じています。
私たち教員は、生徒たちの夢の実現を目指して日々全力を尽くして取り組んでいます。皆さんも金光八尾で一緒に夢を叶えましょう!

2年 特進コース
杉田 一陽
(葛城市立 新庄中学校出身)

夢の実現の近道

僕が金光八尾を選んだ理由は、今持っている夢の実現の近道になると思ったからです。金光八尾は大学の進学実績がとても高いことに加え、熱心に面倒見良く指導して下さる先生が多いと聞いていました。今まで自分が正面から向き合えていなかった勉強と、真剣に向き合える環境として最適だと思いました。
入学当初は、予習や復習、小テストの勉強に精一杯で大変でした。しかし、今は予習や復習のコツをつかみ、小テストで満点を取ることもできるようになりました。自分自身の確かな成長を感じて、さらなる高みを目指そうと意欲に燃えています。
2年生からは特進文系コースに進み、英語・国語・日本史の3教科を重点的に勉強しています。教科を絞ることで、1年生の時よりも、密度の濃い学習が出来ています。授業はとても緊張感のある中で、集中して受けられています。また、僕は陸上競技部に所属しているので、勉強と部活動との両立を心がけています。勉強と部活のメリハリをきちんとつけて、日々の学習サイクルを確立することで、とても充実した生活を過ごしています。これからもこのサイクルを継続し、志望校に合格できるよう努力していきたいと思います。

 

総合進学コース

関西圏の有名私立大学の現役合格を目指します

目標とする主な大学

  • 関西大
  • 関西学院大
  • 同志社大
  • 立命館大
  • 近畿大
  • 京都産業大
  • 甲南大
  • 龍谷大など

一人ひとりの幅広い進路を実現するために基礎・基本を身につけます。7時限終了後は、クラブ活動に参加できるコースです。

① 学習進度、学習内容、使用教材は、基礎学力の習得から幅広い進路が実現できるように設定しています。

② 1年生では、基礎・基本を大切に、理解する授業から、さらに納得し理解できるまでやりきる授業・講習に取り組みます。

③ 2年生から、学習成績により特進コースへのクラス変更が可能です。

④ 7時限目の講習は、必修です。7時限目終了後、クラブ活動や課外活動に時間が利用できます。

⑤ 2年生から、希望と適性に応じて、文系・理系、美術コースに分かれます。 文系コースは、国語、社会、英語の3教科を集中的に学習します。理系コースは数学と理科に比重をおきながら国・社・数・理・英の5教科を学習します。

⑥ 3年生では、得意教科を中心に学習し、大学入学共通テスト(仮称)・志望大学に向けた入試問題に対応できる実戦力を養います。私立大学対策講座、大学入学共通テスト(仮称)対策講座を実施します。個々の受験大学に対応した特別講座を実施し、現役合格を目指します。

⑦ 3年間、日々の学習内容の定着をその都度小テストで確認します。その積み上げが学力向上の大きな原動力となります。

放課後の講習、長期休業中の特別講習を通して、学習内容を深め、さらに応用力を養います。

⑨ 3年間、適切な時期に、模擬試験を実施します。模擬試験後は、成績を分析し、一人ひとりについて個人面談と的確なアドバイスを行い、弱点の補強、学習内容の確認を行います。

時間割及び科目別時間帯

時間割
総合進学コース時間割

科目別時間帯
総合進学コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

2年 総合進学コース担任
吉田 大祐

効果的な学習環境の下で

総合進学コースの1年生では、あらゆる教科に通じる学力の礎となる基本的な知識を身につけることに主眼をおいています。1限から6限までの授業に加え、朝の小テストや7限講習などを実施し、学力の土台を固めるためのカリキュラムを展開しています。2年生からは、特進コース(文系・理系)、総合進学コース(文系・理系)、美術コースへ進むことができます。希望の進路を実現するため、効果的な学習カリキュラムを準備しています。
総合進学コースでは、7限目の講習が終了した後、クラブ活動に取り組む生徒も多く、各クラブの中心となって活躍しています。勉強とクラブを両立させることは容易なことではありませんが、毎日忙しく過ごす生徒たちの表情は、充実感に満ちているように感じます。また、放課後に自習室で熱心に勉強する生徒もいます。同じ目標をもった仲間が隣にいることが大きな励みになり、学習がはかどるようです。
このような環境のなかで、生徒たちはそれぞれの夢や目標に向かって努力し、私たち教員はそれを全力でサポートしています。皆さんも、金光八尾で充実した3年間を過ごしませんか。

2年 総合進学コース
伊達 功祐
(八尾市立 曙川南中学校出身)

勉強にもクラブにも全力投球

僕は、入学当初から勉強とクラブ活動を両立させて、充実した学校生活を送ろうと思っていました。同級生からの勧めもあり、興味のあった創作ダンス部に入部しました。ダンスの経験はほとんどありませんでしたが、先輩や友人が熱心に教えてくれたおかげで少しずつ上達し、クラブ活動の時間が楽しくなりました。また、苦手だった勉強も、大好きなクラブ活動をしたいという思いから一生懸命に取り組みました。その事で、朝の小テストや定期テストに向けた取り組みも、積極的にできるようになりました。
金光八尾では、先生方が分かりやすい授業となるように考えて下さり、質問や悩みには親身になって丁寧に答えて下さいます。今、僕が勉強とクラブ活動を両立できているのは、先輩や友達、先生方のおかげであると思い、本当に感謝しています。これからも、勉強とクラブ活動のどちらも手を抜かず、すべてのことに全力で取り組み続けていきたいと思います。

美術コース

週35時間の授業が基本で、週3日(7限目)の講習があります。

目標とする主な大学

  • 東京芸大
  • 京都芸大
  • 筑波大
  • 金沢美術工芸大
  • 愛知県立芸大
  • 大阪教育大
  • 京都教育大
  • 近畿大
  • 京都精華大
  • 大阪芸大など

国立・有名市立美術系大学への合格を目指せるコース

① 2年生から設置しているコースです。

② 美術の専門的な授業を開設する、府内の普通科の高校で数少ない特色あるコースです。鉛筆デッサンに始まり、水彩画や油絵、版画、立体造形、デザインなど多くの分野を学びます。

③ 7時限目の講習は、全員参加の必修です。7時限目終了後、クラブ活動や課外活動に時間が利用できます。

④ 3年生では、美術系大学進学に向け、デッサンなど実技を中心に、より専門的な入試に対応できる実戦力を養います。冬期講習から、大学入学共通テスト(仮称)対策講座、志望大学受験に対応した特別講座を実施し、現役合格を目指します。

小テスト・放課後の講習・特別講習は、総合進学コースに準じた内容です。

⑥ 美術以外の教科・科目も履修できるので、美術系以外の文系学部への進学も可能です。

⑦ 美術の授業や美術部の活動時間で制作した作品をいろいろな展覧会に出品します。その成果は素晴らしいものがあり、大阪私学美術展では、23年間連続で団体優秀賞、また個人賞では、大阪府知事賞など多数の優秀賞を受賞しています

時間割及び科目別時間帯

時間割

美術コース時間割

科目別時間帯
美術コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

2年 美術コース副担任
森岡 実里

美術を通して身に付く力

高校2年から開設している美術コースでは、1年で習得した技術を応用し、さらに高度な内容に取り組むことから、美術を幅広く専門的に学びたい生徒にとって大変魅力的なカリキュラムとなっています。授業で学んだことを文化祭や体育大会などの学校行事で活かし、制作した作品は各種の展覧会に出品するなど、自らの感性を表現し評価される機会がたくさんあります。 作品を完成させた達成感や展覧会で受賞した経験で、自信をもてるようになる生徒も多いです。美術を通して、自ら問題に気付き改善していく姿勢や忍耐力も自然と身に付く為、美術系の国公立大学や文系の難関大学へ進学する生徒も増え、デザイナーや教職員、営業職、保育士、美容師など様々な職場で活躍しています。

2年 美術コース
原田 ひかる
(東大阪市立 池島中学校出身)

夢は大好きな美術の先生

私は初めから美術コースに進む事を考えて入学した訳ではありませんでした。そんな私が美術コースを選択した理由は、1年での授業で美術の楽しさ面白さに気づき、どんどん好きになったからです。授業は中学校の頃に比べると難易度の高い作業が多くて難しかったですが、難しい課題だからこそ完成した時にやりがいや達成感を感じました。そして作品を制作するうちにいつの間にか【美術】が自分の自慢できる長所になっていました。 そして、2年からの授業は油絵や彫刻、日本画など初めて挑戦する課題ばかりです。技術力のある意識の高いクラスで学べば得意な美術もさらに上達し、自分に自信を持つことが出来ると思います。先生の影響もあって、将来は美術の教師になりたいという夢もできました。続けているバスケットボール部と勉強を両立させ、美術系の国公立大学への進学を目標に頑張りたいと考えています