コース・カリキュラム

S特進コース

京都大・大阪大・神戸大・大阪市立大・大阪府立大などの難関国公立大学の現役合格を目指します。

目標とする主な大学

  • 京都大
  • 大阪大
  • 神戸大
  • 大阪市立大
  • 大阪府立大など

京・阪・神・市・府大学の合格を目指す充実した独自の教育システム・学習内容!

① 学習進度、学習内容、使用教材は、S特進コース独自に設定しています。

② 1年生では、基礎・基本を大切に、理解する授業から、さらに納得し理解できるまでやりきる授業・講習に取り組みます。

③ 月・木・金(7・8時限)、火(8時限)の講習は必修です。

④ 2年生から、希望と適性に応じて、国公立文系・国公立理系に分かれます。 国公立文系コースは、大学入学共通テスト(仮称)に対応した国数社理英の5教科の学習と難関国公立大学の2次試験の文系教科に対応できる応用力を身につける学習をします。 国公立理系コースは、大学入学共通テスト(仮称)に対応した国数社理英の5教科の学習と難関国公立大学の2次試験の理系教科に対応できる応用力を身につける学習をします。

⑤ 3年生では、3年間の学習内容を早い段階で終了し、大学入学共通テスト(仮称)・志望大学に向けた難易度の高い入試問題に対応できる実戦力を養います。講習では、大学入学共通テスト(仮称)対策講座を実施します。また、個々の受験大学に対応した国公立2次対策特別講座を実施し、現役合格を目指します。

⑥ 3年間、日々の学習内容の定着をその都度小テストで確認します。その積み上げが学力向上の大きな原動力になります。

放課後の講習、長期休業中の特別講習を通して、学習内容を深め、さらに応用力を養います。

⑧ 3年間、計画的に、模擬試験を実施します。模擬試験後は、成績を分析し、一人ひとりについて個人面談と的確なアドバイスを行い、弱点の補強、学習内容の確認を行い、志望大学の合格を目指します。

時間割及び科目別時間帯

時間割
S特進コース時間割
科目別時間帯
S特進コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

2年 S特進コース担任
國村 透

先生からのメッセージ

S特進コースは、東京大・京都大・大阪大・神戸大などの難関国公立大学や全国の主要国公立大への現役合格をめざすコースです。
学校生活は朝の小テストから一日が始まり、授業を経て7・8限の講習で理解を深め、放課後は自習室での自主学習、教員による個別指導などで学力の飛躍的な伸長を目指しています。教員も早朝から放課後まで熱心に丁寧に指導にあたります。何事も実力をつけるためには努力し続けることが大切です。大学受験は、最後は一人で戦うものですが、それまでの道のりは学習環境の整備が必要不可欠です。難関国公立大学をめざすという同じ目標を持った仲間と、共に刺激し合いながら自己を高めていく金光八尾S特進コースはそのような点でも優れているのではないでしょうか。
日々の学習が充実すればするほど、文化祭・体育大会・修学旅行などの学校行事に対しても積極的な姿勢が育まれ、充実した高校生活を送ることができます。熱意ある諸君の入学を心よりお待ちしています。

2年 S特進コース
岡田 真衣夏
(香芝市立香芝西中学校出身)

先輩からのメッセージ

S特進コースは、国公立大学合格を目標にして日々勉強に励んでいます。先生方の授業は熱心で分かりやすく、毎時間の授業がとても充実しています。
もし、難しいところや疑問に思ったところがあっても、休み時間や放課後に質問へ行くと先生方が分かるまで丁寧に教えてくださいます。毎朝行われる小テストは英単語や古文単語、数学の基礎固めに役立っていて、確かな学力を身につけることができます。
また、一日の大半を同じ教室で過ごすクラスの友だちとは、勉強面だけでなく様々な面でお互いを刺激し高め合う、良い関係を築くことができます。
オリエンテーション合宿や体育大会、文化祭やスキー研修など魅力的な行事が多いので、それらに団結して取り組むことでクラスの絆が深まり、楽しい思い出を作ることができます。このような素晴らしい環境の下で、先生方や友だちとともに夢をかなえるため、日々努力をしています。

特進コース

関西圏の国公立大学、早慶大・関関同立大・産近甲龍大など難関・有名私立大学の現役合格を目指します。

目標とする主な大学

  • 大阪大
  • 神戸大
  • 大阪市立大
  • 大阪府立大
  • 京都府立大
  • 神戸市外大
  • 大阪教育大
  • 関西大
  • 関西学院大
  • 同志社大
  • 立命館大
  • 早稲田大
  • 慶応大
  • 上智大など

国公立大学・難関私立大学を目指しながら、8限目の講習は希望制で勉強とクラブの両立ができるコースです。

① 学習進度、学習内容、使用教材は、S特進コースに準じて設定しています。

② 1年生では、基礎・基本を大切に、理解する授業から、さらに納得し理解できるまでやりきる授業・講習に取り組みます。

③ 2年生から、学習成績によりS特進コースへのクラス変更が可能です。

④ 7時限目の講習は、必修です。8時限目の講習は、さらに勉強する人、クラブ活動を頑張る人、それぞれの希望で選択できます。

⑤ 2年生から、希望と適性に応じて、文系・理系に分かれます。早い段階から文系・理系を決めることで、志望校合格へ意識を高めます。 文系コースは、国語、社会、英語の3教科を集中的に学習します。理系コースは数学と理科に比重をおきながら国・社・数・理・英の5教科を学習します。

⑥ 3年生では、3年間の学習内容を早い段階で終了し、大学入学共通テスト(仮称)・志望大学に向けた難易度の高い入試問題に対応できる実戦力を養います。講習では、大学入学共通テスト(仮称)対策講座を実施します。また、個々の受験大学に対応した特別講座を実施し、現役合格を目指します。

⑦ 3年間、日々の学習内容の定着をその都度小テストで確認します。その積み上げが学力向上の大きな原動力になります。

放課後の講習、長期休業中の特別講習を通して、学習内容を深め、さらに応用力を養います。

⑨ 3年間、適切な時期に、模擬試験を実施します。模擬試験後は、成績を分析し、一人ひとりについて個人面談と的確なアドバイスを行い、弱点の補強、学習内容の確認を行い、志望大学の合格を目指します。

時間割及び科目別時間帯

時間割
特進コース時間割
科目別時間帯
特進コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

前田 裕子

2年 特進コース担任
前田 裕子

先生からのメッセージ

特進コースは国公立大学・難関私立大学をめざすコースです。ハイレベルな教材と学習内容が設定されており、2年次からは、文系クラスと理系クラスに分かれます。小テストで基礎力の定着をはかり、工夫された専門性の高い授業は、思考力と実践力を育成します。講習により、学習時間を確保し、難関大学の試験に対応できる学力を着実に伸ばしていきます。また、教員は生徒一人ひとりの習熟度をしっかり把握し、個人面談などで学習法をアドバイスしながらサポートしています。夢や目標に向かって努力することは大変なことですが、生徒達は、程よい緊張感の中でお互いを高めながら、良きライバルとして、みんなで一緒に頑張っています。同じような希望や目標を持った仲間達は、勉強だけでなく学校行事やクラブ活動にも積極的に取り組み、充実した日々を過ごしています。
私達教員は、生徒達の夢が実現するように全力を尽くしています。皆さんも、私達と一緒に“夢”をかたちにかえてみませんか!

2年 特進コース
角田 大耶
(東大阪市立長瀬中学校出身)

先輩からのメッセージ

私が金光八尾高校に入るまでは、自分の夢や目標が決まっていませんでした。しかし、1年間金光八尾で過ごし、未だ夢は見つかっていないけれど、夢ができた時に達成できるように普段から勉強とクラブの両方を頑張ることができる力を身につけさせてくれるのが特進コースだと思います。朝の小テストや8限講習などは、入学当初は大変だなと感じることもありました。しかし、今では、小テストで連続して満点をとって自信をつけたり、8限講習で効率的に復習ができてとても役立っています。
2年生からは、文系の3科目の英語・国語・社会を中心に勉強します。1年生の時より内容の濃い授業がいつも受けられます。また、私は剣道部に所属していて、体を動かすことは心身ともにリフレッシュにもつながり、とても楽しく充実しています。どの先生方も、質問をすれば理解できるまで真剣に指導してくださる熱意を持っておられ、そんな環境の中で志望校合格を目指して日々努力しています。

 

総合進学コース

関西圏の国公立大学、早慶大・関関同立大・産近甲龍大など難関・有名私立大学の現役合格を目指します。

目標とする主な大学

  • 関西大
  • 関西学院大
  • 同志社大
  • 立命館大
  • 近畿大
  • 京都産業大
  • 甲南大
  • 龍谷大など

一人ひとりの幅広い進路を実現するために基礎・基本を身につけます。7時限終了後は、クラブ活動に参加できるコースです。

① 学習進度、学習内容、使用教材は、基礎学力の習得から幅広い進路が実現できるように設定しています。

② 1年生では、基礎・基本を大切に、理解する授業から、さらに納得し理解できるまでやりきる授業・講習に取り組みます。

③ 2年生から、学習成績により特進コースへのクラス変更が可能です。

④ 7時限目の講習は、必修です。7時限目終了後、クラブ活動や課外活動に時間が利用できます。

⑤ 2年生から、希望と適性に応じて、文系・理系、美術コースに分かれます。 文系コースは、国語、社会、英語の3教科を集中的に学習します。理系コースは数学と理科に比重をおきながら国・社・数・理・英の5教科を学習します。

⑥ 3年生では、得意教科を中心に学習し、大学入学共通テスト(仮称)・志望大学に向けた入試問題に対応できる実戦力を養います。私立大学対策講座、大学入学共通テスト(仮称)対策講座を実施します。個々の受験大学に対応した特別講座を実施し、現役合格を目指します。

⑦ 3年間、日々の学習内容の定着をその都度小テストで確認します。その積み上げが学力向上の大きな原動力となります。

放課後の講習、長期休業中の特別講習を通して、学習内容を深め、さらに応用力を養います。

⑨ 3年間、適切な時期に、模擬試験を実施します。模擬試験後は、成績を分析し、一人ひとりについて個人面談と的確なアドバイスを行い、弱点の補強、学習内容の確認を行います。

時間割及び科目別時間帯

時間割
総合進学コース時間割

科目別時間帯
総合進学コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

2年 総合進学コース副担任
川上 裕加

先生からのメッセージ

総合進学コースの1年生では、科目の基礎力を徹底するカリキュラムとなっています。1限から6限までの授業と7限講習、そして朝の小テストを実施しています。2年生からは特進コース(文系・理系)、総合進学コース(文系・理系)、美術コースに進むことができます。2年生から特進コースに入る生徒も少なくありません。
総合進学コースの利点は自分のペースに合わせて勉学やクラブ活動に励むことができるところです。自分の得意分野を最大限に発揮し、苦手分野としっかり向き合い、時間をかけて満足するまで取り組めます。クラブ活動と学業の両立は決して容易なものではありませんが、友人と切磋琢磨し、協力し、一つのことを達成する喜びを感じた生徒は卒業時に充実感の満ちた顔をしています。3年間は長いようで短い期間です。充実した日々を過ごすかどうかはあなた次第です。みなさんがいかに積極的に過ごすかで大きく変わります。何事もまず第一歩!金光八尾で一緒に頑張りましょう。

2年 総合進学コース
小林 梨央
(藤井寺市立第三中学校出身)

先輩からのメッセージ

私は、大学の進学率が良いことから金光八尾を選びました。7限には講習があり、他の学校に比べて授業時間が多いことが、進学率の高さにつながっているのだと実感しました。さらに、夏休みや冬休みにも講習があるので、充実した学習環境が整っていると思います。
また、朝の小テストでは毎日勉強しないと合格できないので、自然と学習する習慣が身につき、基礎学力が上がっていくと思います。私は、スクールバスの中での少しの時間も上手く活用して勉強をしています。このように、すきまの時間の使い方も上手くなったように思います。
金光八尾では、先生方がわかりやすい授業となるように熱心に考えてくださり、質問や悩みには親身になって丁寧に答えてくださいます。
希望する具体的な大学は模索中ですが、関西の難関私立大学を目指して努力しています。また、先生方も応援してくださるので、決して難しい夢ではないと思います。

美術コース

国公立大学(美術系)、関西圏の有名私立美術大学の現役合格を目指します。

目標とする主な大学

  • 東京芸大
  • 京都芸大
  • 筑波大
  • 金沢美術工芸大
  • 愛知県立芸大
  • 大阪教育大
  • 京都教育大
  • 近畿大
  • 京都精華大
  • 大阪芸大など

国立・有名市立美術系大学への合格を目指せるコース

① 2年生から設置しているコースです。

② 美術の専門的な授業を開設する、府内の普通科の高校で数少ない特色あるコースです。鉛筆デッサンに始まり、水彩画や油絵、版画、立体造形、デザインなど多くの分野を学びます。

③ 7時限目の講習は、全員参加の必修です。7時限目終了後、クラブ活動や課外活動に時間が利用できます。

④ 3年生では、美術系大学進学に向け、デッサンなど実技を中心に、より専門的な入試に対応できる実戦力を養います。冬期講習から、大学入学共通テスト(仮称)対策講座、志望大学受験に対応した特別講座を実施し、現役合格を目指します。

小テスト・放課後の講習・特別講習は、総合進学コースに準じた内容です。

⑥ 美術の授業や美術部の活動時間で制作した作品をいろいろな展覧会に出品します。その成果は素晴らしいものがあり、大阪私学美術展では、24年間連続で団体優秀賞、また個人賞では、大阪府知事賞など多数の優秀賞を受賞しています

時間割及び科目別時間帯

時間割

美術コース時間割

科目別時間帯
美術コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

2年 美術コース担任
弘 正朋

先生からのメッセージ

美術コースは、高校2年から開設しているコースで、入学前から美術コースを目指して入った生徒と、入学後美術の授業で興味、関心が高まって入った生徒が学んでいます。美術を幅広く専門的に学びたい生徒にとって、大変魅力的なカリキュラムとなっています。また、授業で学んだことを文化祭や体育大会などの学校行事に活かしたり、様々な展覧会に出品したりでき、毎年各種の展覧会に出品し、多くの賞を受賞しています。
卒業後の進路も、多くの生徒が美術系大学に進学しており、近年では学力、美術力共に優秀な生徒も増え、これまでに美術系の国公立大学に100名を超える合格者を輩出しており、関東の私学の難関美術大学の合格者も増加しています。その後の就職も高校や大学で培った専門知識や技術を活かして多くの卒業生がデザイナーやアニメーター、教員など様々な職場での第一線で活躍しています。

2年 美術コース
下岡 翔
(八尾市立高美中学校出身)

先輩からのメッセージ

僕は、幼い頃から絵を描いたりものを作ったりするのが大好きで、美術がしっかり学べる高校を探していた時に姉に相談すると、姉が通っていた金光八尾高校の美術コースを勧められました。僕がこの学校に決めた理由は、美術コースでは美術の授業が多く、様々な分野の美術が学べることと、毎年数多くの先輩方が美術系の国公立大学や難関美術系大学に進学されており、美術のレベルがかなり高いと聞いたからです。
実際、入学後すぐに入った美術部で先輩方の素晴らしい作品を間近で見て、その凄さに圧倒されました。そして、僕も先輩方の様に美術と勉強に打ち込んで成長したいと考える様になりました。2年生になって美術コースに入り、志の高い同級生も多くいて毎日が刺激的で充実していてとても楽しいです。今は、金光八尾高校を選んだことが間違っていなかったと確信しています。