IAC部 グローバル体験してきました

2019/8/29

8月20日、大阪府主催の実践的英語体験活動推進事業であるグローバル体験プログラムに、高校1年生部員16名が参加しました。インバウンド旅行者をサポートする体験として、駅構内で目的地までの行き方と切符の買い方を説明するプログラム、大阪の街で道を教えるプログラム、旅行者に大阪の魅力を伝えるプログラムの3つを受講しました。いずれも、留学生を相手に英語だけでコミュニケーションをとらなければならず、最初のうちは苦労する様子も見受けられましたが、講師や留学生の支援のもとで、いずれのプログラムも楽しく活動していました。約2時間半の体験終了後は、外国語の学習方法や、出身国のことについて留学生や講師に積極的に話しかける生徒の姿も見られました。

点呼からEnglish onlyです。 体験前に事前指導がありました。
路線図を手にした留学生を相手に、目的地までの行き方を説明しています。
道案内に挑戦するプログラムでは、講師のサポートを多く受けました。
大阪の魅力を伝えるプログラム。用意した原稿を元に留学生との会話に花を咲かせました。
あっという間の2時間半でしたが、英語を使うことへの興味が大きくなりました。

 

参加した生徒の感想です。

・言語が異なる人たちと交流することに最初は少し不安がありましたが、実際に話してみると好きな食べ物や趣味など共通することもありました。もっと気軽にいろいろな外国人の方々と話したいです。

・留学生の方が親切に話してくださってとても楽しかったです。自分の英語力がまだまだで、思うように伝わらなかったので、もっと英語を勉強したいと思うようになりました。