硬式野球部 令和2年大阪府高等学校野球大会

硬式野球部 令和2年大阪府高等学校野球大会

2020/7/29

7月24日に久宝寺球場で夏の大会2回戦が行われ、かわち野高校と対戦しました。

 

令和2年大阪府高等学校野球大会2回戦(4-8負)

金光八尾|200|000|002|4

かわち野|012|002|30×|8

 

初回2点を先制しますが2回以降は何度もチャンスは作るものの決定打が出ず、相手に逆転される苦しい展開となりました。6回終了時に3点差とされた場面では「終盤に必ず逆転する」という子どもたちの姿が非常に頼もしかったですが、7回にダメ押しされてしまいます。それでも最終回に全員でつないで2点を取り返せたことは秋の大会で敗戦した経験を生かしてくれたのだと感じました。

 

今回の夏の大会に臨むに当たり、2つの想いがあったので紹介させていただきます。

1つ目は大会の日程で実現しませんでしたが、昨夏の敗戦を受けて引退試合を組んでいただいたチームがあります。引退試合ができない旨を連絡したところ、「大会で試合をしましょう。4回戦以降で待っています。」と言っていただき、心が熱くなりました。チーム内でもこの話を全員で共有しました。2つ目は大会直前の練習試合で怪我をしてしまった3年生がいたことです。怪我の状況から3回戦以降であれば出場できる可能性があったので「絶対に勝って怪我をした3年生をプレーさせよう」と全員で意思統一をしました。

この2つの想いは負けたことによって実現できませんでしたが、実現させようとチーム全員で覚悟を決めて取り組んでくれたことは事実で新チームにつながる財産になると確信しています。特に3年生は臨時休校や春季大会の中止など精神的に辛かったと思いますが、最後まで本気で野球と向き合ってくれました。それでも勝者と敗者がはっきりと分かれる以上、今回の負けをしっかりと受け止めて前に進んでくれると信じています。

 

最後になりますがコロナウイルスの影響で大会の実施が危ぶまれる中、3年生のこれまで培ってきた経験を発揮できる舞台を整えてくださった大会関係者の方々、こちらの無理なお願いにも関わらず練習試合や引退試合を承諾していただいた監督の皆様、6月の部活動再開より大会当日まで野球部の運営にご協力してくださった保護者の方々、本校の野球部を気にかけてくださった皆様、本当に感謝しております。

 

3年生が果たせなかった想いを背負って新チームをスタートさせます。