卒業生の声

金光八尾中学校

  • 進藤 祐輔

    • 鳥取大学 医学部 医学科
    • 進藤 祐輔(金光八尾中学出身)

    夢を諦めず最後まで

    僕は小学校の頃から漠然と医師になることを夢見ていました。中学、高校と進むにつれて、何度も自分の力不足に夢を諦めかけたこともありました。しかし、金光八尾からも現役で国公立大学の医学部に合格した先輩方がいることを進学実績で知ったことや、夢を諦めて後悔だけはしたくないという気持ちもあり、努力を続けてきました。

    高校3年になると、進学を目指す限り誰もが受験に直面します。その時に後悔しないためにも、できる限りの努力をすべきだと思います。金光八尾では僕のように自分の夢の実現のために、地道な努力を重ねている生徒が多くいるので、とても勇気づけられました。先生方も親身になってサポートしてくださります。また、クラブ活動も僕にとってはいい気分転換になりました。

    僕は、後悔だけはしたくないという思いを原動力に頑張れましたが、皆さんにもそれぞれに夢ややりたいことがあると思います。夢の実現を信じ、実際に自分がその仕事に就いているところをイメージしてください。この金光八尾で皆さんが笑顔で過ごし、巣立っていってくれることを切に願っています。

  • 今西 日菜乃

    • 同志社大学 文学部 英文学科
    • 今西 日菜乃(金光八尾中学出身)

    基礎固めが合格の決め手

    私は小学生の時、勉強をしたいという気持ちになったことから金光八尾中学校に進学しました。しかし、『勉強』に対する前向きの意識を常に持ち続けるのは難しく、学年が上がるとともに、勉強がしんどくなることもありました。

    結果的に志望校に合格することができたのですが、朝の小テストから始まり、遅くまで授業がある生活を大変だなと感じたこともありました。それでも後から振り返ってみると、朝の小テストのおかげで英単語や熟語などは自分が思っていた以上に頭に入っていたし、授業時間数がしっかり確保されているおかげで、基礎力から応用力まで身に付いたと思っています。

    私の場合、合格の決め手になったのは、じっくりと時間をかけて基礎を固めたことだと実感しています。そして金光八尾にはその基礎固めの環境が整っていました。実力を身に付けるためには、地道な努力を重ねる必要がありますが、先生方は私たち生徒に寄り添って支えてくださいますので、とても安心です。この学校を選んだことで、志望校に合格できたと思っています。

     

  • 森屋 敦暉

    • 早稲田大学 法学部 法学科
    • 森屋 敦暉(金光八尾中学出身)

    金光八尾だからこそ

    僕は第1志望だった早稲田大学に合格することができました。この合格は、金光八尾でなければ実現できなかったと思っています。僕は中学入学当初成績が良い訳ではありませんでした。むしろ、その逆でした。そんな僕を大きく変えてくれたのは金光八尾の『環境』でした。先生方の熱心で面倒見の良い指導、また、友達と切磋琢磨できる環境が金光八尾にはあります。毎日の小テスト、しっかりと確保された学習時間、綿密に計画された夏期講習や冬期講習、放課後も静かに勉強に集中できる教室や自習室、その全てが僕の糧となりました。

    正直なところ、勉強が嫌になった時期もありました。それでも、とにかく机に向かいました。「0を1にすれば、1を100にするのはそれほど難しいものではない」ことを6年間を振り返って実感しています。勉強は日々の努力の積み重ねです。先生方の指導は、そのような積み重ねを大切にしていることがひしひしと伝わってくるものでした。皆さんも自分の可能性を信じて、金光八尾という最高の環境で頑張ってください。

     

金光八尾高等学校

  • 尾田 綾人

    • 京都大学 経済学部
    • 尾田 綾人(八尾市立高美中学出身)

    基礎の体得と復習が大切

    僕は中学校の頃、勉強にあまり興味がなく、意欲を持たないまま金光八尾に入学しました。最初の春期課題考査では思っていたよりも順位が悪く、危機感を感じました。また、入学当初は大阪大学を志望していたものの、主体的に勉強に取り組まなかったため大阪大学も遠い目標でした。ところが、クラスの仲間は、学校行事や勉強にも熱心で、このクラスの頑張る雰囲気が自分の考えかたを大きく変えました。

    学校での進路HRや先生の話しなどから、京都大学に興味を持ち魅了されました。そこから、目標をより高くしようと意識を変え、1年生の終わりに志望校を京都大学に変更し、常に志望校を意識した学習をするようになりました。そして、授業で理解できない箇所、すっきりしない内容は、自分が納得するまで先生に教えてもらいました。

    受験勉強で最も大切なのは基礎の体得と復習です。この2つを完璧にこなすことが出来れば、自分の目標大学に合格できます。金光八尾は、この2つが自然と身につく学校です。本当に素晴らしい仲間と先生と出会えて感謝しています。

     

  • 一ノ谷 沙瑛

    • 大阪市立大学 商学部
    • 一ノ谷 沙瑛(香芝市立香芝北中学出身)

    金光八尾での経験を財産に

    私は公立高校の受験に失敗して金光八尾に入学しました。本当にショックな気持ちで入学し、不安しかありませんでした。最初は気持ちに余裕がなく朝の小テストや授業についていくのが大変でした。それでも必死にやっていると、テストの結果が良かったり周りの人から頑張りを認めてもらえたりするようになりました。そこで初めて自分が頑張れていたのだな、と実感でき、少し心に余裕ができました。また、先生から厳しく指導された時には、めげそうになりましが、熱心な一人ひとりに向き合っての指導は、今は感謝しかありません。

    受験期は気持ちが不安定で、「もうやめたい」と心が折れそうになりましたが、多くの先生が「頑張ってきたから大丈夫」と笑顔で応援してくださったことが励みになり、無事合格できました。

    金光八尾では勉強を中心とした生活でしたがかけがえのない友だちもでき、3年間ひとつのことに打ち込めて、合格結果を得られたことは本当に自分の財産になったと思います。色々な経験を通して頑張ってきて良かったと思える生活を過ごせたことを誇りに思います。

     

  • 稲 航希

    • 同志社大学 文学部
    • 稲 航希(東大阪市立盾津東中学出身)

    クラブ活動が受験勉強の支えに

    僕は高校1年生の時、勉強もそんなに一生懸命することがなかったので、成績もあまり良くありませんでした。模擬試験の偏差値もたいしたことはなく大学進学も厳しい状況でした。

    このままでは大学にも行けなくなってしまうと考え、2年生の後半から本格的に勉強を始めました。しかし、一向に成績は伸びず苦しむ日々でした。先生や友人、先輩などからアドバイスをもらい必死で努力した結果、3年の夏前の模試で急激に偏差値があがり、勉強も楽しくできるようになってきました。でもなかなか、僕の志望している大学の偏差値には達しませんでした。また、僕は3年の9月の終わりまでは部活に専念していました。朝練もあり、通学には自転車で1時間近くかかりほんとうに大変でした。ところが、そのクラブ活動の厳しい経験が受験勉強にも生かされ、最後まで諦めず、自分を信じて頑張り続ける支えになりました。気になればスタートは遅くても、勉強する時間に限りがあっても集中すれば成績は伸びてきます。それに本気になれば、金光八尾の先生はいつでも本気で応援してくれます。

     

  • 高井 志穂

    • 立命館大学 産業社会学部
    • 高井 志穂(香芝市立香芝東中学出身)

    2つの心がけたこと

    私は勉強もクラブ活動も3年間悔いを残さず頑張ろうと思い、金光八尾高校を選びました。そして充実した高校生活を送るために2つのことを心がけました。

    一つ目は、夜遅くまで勉強をしても、次の日に見返えしてみると覚えていなかったり、授業中に寝てしまったりと逆効果なことが多かったので、「日付が変わる前には必ず寝る」ということ。二つ目は、クラブを引退してから、家でなかなか集中することができず、放課後は学校の自習室で勉強する「学校での自主学習の時間を大切する」ということでした。

    金光八尾は、新しい自習室もつくられ、いつでも気軽に先生に質問に行き、分からない問題は丁寧に教えてもらえる環境でした。なにより、一緒に頑張る友達が良い刺激になりました。大学受験は、学力だけでなく、自分の成長にもつながったと思います。中学の頃では考えられないほど机に向いました。その経験が「自分もやればできる」と自信になりました。親身に相談に乗ってくださった先生、ずっと応援してくれた両親に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

     

  • 陳 旭輝

    • 秋田公立美術大学 美術学部
    • 陳 旭輝(東大阪市立意岐部中学出身)

    好きな美術を生かして

    僕は小さい頃から、画家になるのが夢でした。しかし、美術の仕事に関すること知らなかったので、美術を目指して将来は本当に大丈夫なのか心配になっていました。そんな心配を解決してくれたのが金光八尾の先生でした。

    高校1年の終わりごろ、美術科の先生が美術コースで勉強しないかと誘ってくれたのです。詳しく話を聞くと、美術系に進んだなら様々な分野のデザイナーやクリエイターになれることを知りました。最初の授業は基本的なデッサンでした。今まではただ趣味でやっていたことが授業になったのです。楽しくて面白いと思う反面、今までの描き方とは違い奥が深くて難しく感じられました。先生たちはすごく面倒見がよく納得いくまで説明してくださり、おかげで私は色々なことが学べました。黄金率や技法、造形に必要な彫刻のテクニックを学んでいく中、数学や物理などの教科も美術にかなり影響を与えることに気づきました。

    これからの夢を実現するために金光八尾で学んだことをベースに大学で好きな美術を頑張りたいと思います。

     

  • 内藤 嘉盛

    • 関西大学 社会学部
    • 内藤 嘉盛(東大阪市立小阪中学出身)

    先生の一言から

    僕が関西大学を目指し始めたきっかけは、2年生の最終懇談でした。それまで、特に志望校もなく、予習・復習に追われるだけの日々に、目標ができ、学習に意味を持つことができました。合格圏内には遠かったけれど、「今から頑張れば決して届かないことはないから、頑張ってみよう」との先生の一言がきっかけになり、僕の生活は変わりました。

    小テストでは、再テストを受けたくない勉強から覚えるための勉強に変わり、授業を集中して受けるようになりました。基礎をしっかりやれば必ず伸びると言われていたので、単語をしっかり覚えることや日々の授業にしっかり取り組みました。放課後も学校に残って自主学習に励みました。冬頃、大学の過去問題を解いたとき、今までと違った感覚で問題が解けました。やってきたことが間違いでなかったと確信しました。受験当日はプレッシャーに押しつぶされそうになりましたが、自分を信じることで、楽な気持ちの中で受験できました。

    今は、人生を変えるきっかけとなる一言をかけてくださった先生、授業や質問でお世話になった先生に感謝しています。