コース・カリキュラム

S特進(6年)コース

中高6年間で系統的なカリキュラムを組み、大学進学を見通した学力を養成し、京大・阪大等の難関国公立大学への進学を目指します。中学3年からは大学進学を見据えた発展的学習(先取り学習)を含めたカリキュラムで高い学力の習得を目指します。

  • 中学3年への進級時に「コース分け試験」を実施します。その結果で、S特進(6年)か特進かのコースが決定します。
  • 併設高校への進学時に「内部進学者学力検査」を実施します。その結果に基づいて、併設高校の「S特進(6年)」か「特進」、「総合進学」のいずれかのコースに進学します。その後は原則としてそのままのコースで高校3年まで進みます。
  • 高校2年進級時に国公立文系・理系に分かれ、その後は大学進学に向け、難関国公立大学(京都大・大阪大・神戸大・大市大・大府大など)への現役合格を目指します。

学習の流れ

S特進(6年生)コース

先輩からのメッセージ

近藤 凛々花

3年A組
近藤 凛々花

実力を伸ばす環境が整った金光八尾

私がS特進コースを希望した理由は、将来行きたい大学に行けるように、自分の実力を高める努力をしたいと思ったからです。金光八尾には中学生の間から、大学進学に向けた取り組みがたくさんあります。学習面では日々の授業をしっかり受け、小テスト、課題などを確実にこなしていくことで定期考査や外部実力テストなどの成績を伸ばしていくことができます。さらに、放課後には基本問題から発展問題まで幅広く演習できる機会もあり、苦手教科の克服や自分を高めることができます。疑問があれば先生方はどんな些細な質問にも丁寧に答えてくださいますし、一人で学習していてもとても安心感があります。また、金光八尾出身の大学生の先輩方から、放課後に直接勉強を教えてもらえる機会もあり、中学生時代の学校生活の体験談や勉強法、さらには大学の様子など聞くことができます。また、私は陸上競技部に所属していますが、高校生の先輩達と一緒に練習できるので、様々なアドバイスが聞けます。私にとってクラブ活動は、気分転換にもなりますし、『どうしたら速く走れるのか』と常に疑問をもち、考えて取り組む姿勢が学習面にもいかされていると実感しています。

このように友達や先輩や先生方に支えられて、いろいろな場面で自分を高め実力を伸ばす環境が整っている金光八尾にきて本当によかったと思います。

特進コース

中学段階での基礎・基本事項の学習を徹底し、高校での学習に適応できる基礎力の養成を図ります。
中学1、2年までは、S特進(6年)コースと基本的に同じカリキュラムで学習します。

  • 中学3年への進級時に「コース分け試験」を実施します。その結果で、S特進(6年)か特進コースが決定します。
  • 併設高校への進学時に「内部進学者学力検査」を実施します。その結果に基づいて、併設高校の「S特進・特進・総合進学」のいずれかのコースに進学します。
  • 高校2年進級時に希望と適性、能力により、それぞれのコースの文系・理系と美術のコースに分かれ、その後は大学進学に向け国公立大学をはじめ難関・有名私立大学への現役合格を目指します。

学習の流れ

特進コース

先輩からのメッセージ

久保 倖介

3年B組
久保 倖介

「楽しい中学生活を」

僕は金光八尾中学校に入学する前、私立の中学校の勉強について行けるか、上手く級友たちとなじめるかなど色々な不安がありました。しかし、将来の大学受験のことを考え、自分自身で受験を決め入学したのだから、積極的に中学生活を送ろうと考えてきました。勉強とクラブ活動を両立しようと、1年生の時から硬式テニス部に所属しました。僕は運動が苦手で、テニスの経験もほとんどなかったので最初は大変でしたが、先輩方に一から教えていただき、クラブの仲間たちと競い合い、日々の練習にしっかりと取り組むことで少しずつ上達し、さらに、精神的にも強くなることができました。

学習面では、授業はもちろん、小テストや課題なども真剣に取り組まねばならず、気を緩めることなく学習を進めていく必要があります。しかし、将来のことを考えて自分が選んだ進路であり、あきらめて挫折したくないとの気持ちから努力を続け、定期考査や外部実力テストなどでは常に上位をめざしています。計画的に学習を進めていけば、クラブはもちろん、土日の余暇を趣味にあてるなど、有意義な時間を過ごすことができます。さらに、何よりもそれを支えてくれる先生方や先輩、そして友人がいます。中学生活に不安を持っている人もいるかもしれませんが、厳しい中にも楽しい中学生活を送ることができるこの金光八尾で、皆さんもいろいろなことに挑戦してみませんか。