コース・カリキュラム

S特進コース

京都大・大阪大・神戸大などの難関国公立大学の現役合格を目指します。

目標とする主な大学

  • 京都大
  • 大阪大
  • 神戸大
  • 大阪市立大
  • 大阪府立大など

京・阪・神・市・府大学の合格を目指すための充実した独自の教育システム・学習内容!

  1. 学習進度、学習内容、使用教材は、S特進コース独自に設定しています。
  2. 1年生では、基礎・基本を大切に、理解する授業から、さらに納得し理解できるまでやりきる授業・講習に取り組みます。
  3. 月・木・金(7・8時限)、火(8時限)の講習は必修です。
  4. 2年生から、希望と適性に応じて、国公立文系・国公立理系に分かれます。
    国公立文系コースは、センター試験に対応した国数社理英の5教科の学習と難関国公立大学の2次試験の文系教科に対応できる応用力を身につける学習をします。
    国公立理系コースは、センター試験に対応した国数社理英の5教科の学習と難関国公立大学の2次試験の理系教科に対応できる応用力を身につける学習をします。
  5. 3年生では、3年間の学習内容を早い段階で終了し、大学入試センター試験・志望大学に向けた難易度の高い入試問題に対応できる実戦力を養います。講習では、センター試験対策講座を実施します。また、個々の受験大学に対応した国公立2次対策特別講座を実施し、現役合格を目指します。
  6. 3年間、日々の学習内容の定着をその都度朝テストで確認します。その積み上げが学力向上の大きな原動力になります。
  7. 放課後の講習、長期休業中の特別講習を通して、学習内容を深め、さらに応用力を養います。
  8. 3年間、計画的に、模擬試験を実施します。模擬試験後は、成績を分析し、一人ひとりについて個人面談と的確なアドバイスを行い、弱点の補強、学習内容の確認を行い、志望大学の合格を目指します。

時間割及び科目別時間帯

時間割

S特進コース時間割

科目別時間帯

S特進コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

金崎 桂悟

2年S特進コース担任
金崎 桂悟

S特進コースを希望される皆さんへ

S特進コースの朝は、5教科をメインに行われる小テストから始まります。生徒は、この積み重ねが、揺るぎのない基礎知識となり大学受験の大きな武器となることを理解し取り組んでいます。授業は、常に緊張感のある中で展開されています。教員は難関国公立大学への合格を目指し、理系、文系に分かれそれぞれの教科に弱点をつくらない授業が行われています。本校では授業を最も大切にし、7・8限の講習ではより実戦に近い演習を行うことで、早い段階から難関大学の問題に触れます。放課後には、わからないところを友達同士と教えあったり、先生に質問したりと、「学ぶ」環境が整っています。

また、一生懸命に勉強するだけではなく、修学旅行、体育大会、文化祭などの学校行事では、大きく盛り上がり、クラスの結束が強固になりひとつにまとまります。

そんな環境の中で、あなたの夢をかなえるために、私たちと高い志を持った仲間と頑張りませんか。

森 七海

2年S特進コース
森 七海
(香芝市立香芝東中学校出身)

友達とともに

私はS特進コースで難関国立大学を目指し、日々勉強に励んでいます。このコースは、私が求める学習環境が整っており、授業にとても集中できます。先生方は熱心で説明も分かりやすく毎日の授業がとても充実しています。難しいところは放課後や休み時間に質問に行くと、分かるまでとことん付き合ってくれます。また、小テストが毎朝あり、合格するのは大変ですが、英単語や古文単語を覚えることで定期テストの勉強にもつながり、確実に学力を身につけることができます。

そんな忙しい毎日を支えてくれるのがクラスの友達です。友達とは勉強面でも切磋琢磨し、お互いに刺激し合い、分からないところを教え合い楽しく勉強していくことができます。また、勉強だけでなく様々な行事でもクラスで団結して、全力で楽しんでいます。文化祭や体育大会、そしてスキー研修もあり、行事を通じて友達との絆も深まります。

このような環境の下で、素晴らしい友達と熱心な先生方とともに、2年後の夢の実現にむけて頑張っています。

 

特進コース

国公立大学、早慶・関関同立等の難関大学の現役合格を目指します

目標とする主な大学

  • 大阪大
  • 神戸大
  • 大阪市立大
  • 大阪府立大
  • 京都府立大
  • 神戸市外大
  • 大阪教育大
  • 関西大
  • 関西学院大
  • 同志社大
  • 立命館大
  • 早稲田大
  • 慶応大
  • 上智大など

国公立大学・難関私立大学を目指しながら、8限目の講習は希望制で勉強とクラブの両立ができるコース

  1. 学習進度、学習内容、使用教材は、S特進コースに準じて設定しています。
  2. 1年生では、基礎・基本を大切に、理解する授業から、さらに納得し理解できるまでやりきる授業・講習に取り組みます。
  3. 2年生から、学習成績によりS特進コースへのクラス変更が可能です。
  4. 7時限目の講習は、必修です。8時限目の講習は、さらに勉強する人、クラブ活動を頑張る人、それぞれの希望で選択できます。
  5. 2年生から、希望と適性に応じて、文系・理系に分かれます。早い段階から文系・理系を決めることで、志望校合格へ意識を高めます。
    文系コースは、国語、社会、英語の3教科を集中的に学習します。理系コースは数学と理科に比重をおきながら国・社・数・理・英の5教科を学習します。
  6. 3年生では、3年間の学習内容を早い段階で終了し、大学入試センター試験・志望大学に向けた難易度の高い入試問題に対応できる実戦力を養います。講習では、センター試験対策講座を実施します。また、個々の受験大学に対応した国公立2次対策特別講座を実施し、現役合格を目指します。
  7. 3年間、日々の学習内容の定着をその都度朝テストで確認します。その積み上げが学力向上の大きな原動力になります。
  8. 放課後の講習、長期休業中の特別講習を通して、学習内容を深め、さらに応用力を養います。
  9. 3年間、適切な時期に、模擬試験を実施します。模擬試験後は、成績を分析し、一人ひとりについて個人面談と的確なアドバイスを行い、弱点の補強、学習内容の確認を行い、志望大学の合格を目指します。

時間割及び科目別時間帯

時間割

特進コース時間割

科目別時間帯

特進コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

楠本 実加

2年特進コース担任
楠本 実加

1日1日を着実に

特進コースは、国公立大学・難関私立大学進学を目指すコースです。2年次からは、適性と志望に応じて、文系・理系のコースに分かれ、それぞれのカリキュラムで将来の目標に向かって頑張っています。また、クラブ活動と学業を両立させて活躍している生徒達も多くいます。難関大学の試験に対応できる学力をつけることはたやすいことではありませんが、3年間の学習内容や教材の計画を綿密に練り、わかりやすい授業を心がけることで、生徒達とともに夢の実現をめざしています。

生徒達は、朝の小テストに始まり、8限目の講習と、多くの時間を学校で過ごしますが、一生懸命なのであっという間に1日が終わると言います。生徒同士は一緒に頑張る仲間という意識が強く、助け合いながら仲良くやっています。学校行事などではクラス全体で盛り上がります。一日一日を大切にして積み重ねていくことで、学力だけでなく、人として生きていく力を身につけ、成長していく生徒達をみることは本当に大きな喜びです。

今泉 晃貴

2年特進コース
今泉 晃貴
(八尾市立龍華中学校出身)

日々の積み重ねが力に

僕が金光八尾を志望した理由は、卒業生である兄から、大学進学実績が良いことと、勉強する環境が整っていることを聞いていたからです。

1年生の時は、毎朝の小テストや講習、予習・復習など、勉強面で苦労することはありましたが、先生方の熱心でわかりやすい授業や、共に努力し合える仲間の存在が、頑張れる力となり、入学後の成績の伸びにつながったと思います。特に、朝の英単語や古文単語の小テストでは基礎をしっかりと学習でき、授業に沿った内容を再度確認できます。この基礎の積み重ねが定期考査や模擬試験の成績に表れ、そして最終的には大学受験の対策になっていくと思って取り組んでいます。同じ目標を持つ友達との学校生活は、とても充実しています。また、学校行事などにも積極的に参加でき、楽しんでいます。

2年生から僕は文系特進コースを選択しました。英語・国語・日本史を重点的に学習し、しっかりと実力をつけて、志望大学合格を目指していこうと思っています。

総合進学コース

関西圏の有名私立大学の現役合格を目指します

目標とする主な大学

  • 関西大
  • 関西学院大
  • 同志社大
  • 立命館大
  • 近畿大
  • 京都産業大
  • 甲南大
  • 龍谷大など

基礎・基本を身につけ、7時限終了後は、クラブ活動に参加できるコース

  1. 学習進度、学習内容、使用教材は、基礎学力の習得から幅広い進路が実現できるように設定しています。
  2. 1年生では、基礎・基本を大切に、理解する授業から、さらに納得し理解できるまでやりきる授業・講習に取り組みます。
  3. 2年生から、学習成績により特進コースへのクラス変更が可能です。
  4. 7時限目の講習は、必修です。7時限目終了後、クラブ活動や課外活動に時間が利用できます。
  5. 2年生から、希望と適性に応じて、文系・理系、美術コースに分かれます。
    文系コースは、国語、社会、英語の3教科を集中的に学習します。理系コースは数学と理科に比重をおきながら国・社・数・理・英の5教科を学習します。
  6. 3年生では、得意教科を中心に学習し、大学入試センター試験・志望大学に向けた入試問題に対応できる実戦力を養います。私立大学対策講座、センター試験対策講座を実施します。個々の受験大学に対応した特別講座を実施し、現役合格を目指します。
  7. 3年間、日々の学習内容の定着をその都度朝テストで確認します。その積み上げが学力向上の大きな原動力となります。
  8. 放課後の講習、長期休業中の特別講習を通して、学習内容を深め、さらに応用力を養います。
  9. 3年間、適切な時期に、模擬試験を実施します。模擬試験後は、成績を分析し、一人ひとりについて個人面談と的確なアドバイスを行い、弱点の補強、学習内容の確認を行います。

時間割及び科目別時間帯

時間割

総合進学コース時間割

科目別時間帯

総合進学コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

藤原 智美

2年総合進学コース担任
藤原 智美

文武両道を目指す

総合進学コースでは1年次はきめ細やかな授業と7限目の講習、毎朝の小テストで基礎力の定着を目指します。2年では希望や適性、成績等を参考にして、総合進学コース文系、理系、または特進コース、美術コースへ進むことができ、志望校合格を早い段階より意識し、得意科目を伸ばすための効果的な学習を行っています。

7限目の講習後は、クラブ活動や自主活動に取り組む生徒、自習室や教室を使用しての予習や復習、先生に質問する生徒など、それぞれが有意義な時間を過ごしています。

クラブ活動においては、総合進学コースの生徒たちがリーダーシップを発揮し、活動の中心となって頑張っています。

学業とクラブ活動を両立し、文武両道の中で、夢の実現を目指し努力する生徒たちを応援します。

石川 真友香

2年総合進学コース
石川 真友香
(藤井寺市立道明寺中学校出身)

充実した毎日

私は金光八尾に入学する時に、バレーボール部に入部することを決めていました。また、勉強もしっかりできると聞いていたので、進路の目標を持ち授業にも集中して頑張るという目標を立てました。

部活動では2部昇格を目指して、仲間と切磋琢磨しながら練習に励んでいます。勉強面では特に英語に力を入れています。毎日の授業、そして部活動と大変ですが、疲れていても、帰宅後は必ず予習と小テストの勉強はしっかりやるようにしています。そのおかげで、中学校の時は苦手だった英語の長文が、少しずつ読めるようになってきました。しんどい時や苦しい時もありますが、勉強も部活動も目標を達成するために頑張っています。ともに支え合える仲間もたくさんでき、毎日が充実しています。

美術コース

国公立大学(美術系)、有名私立美術大学等を目指します
このコースは2年次から設置しているコースです。

目標とする主な大学

  • 東京芸大
  • 京都芸大
  • 筑波大
  • 金沢美術工芸大
  • 愛知県立芸大
  • 大阪教育大
  • 京都教育大
  • 近畿大
  • 京都精華大
  • 大阪芸大など

国立・有名市立美術系大学への合格を目指せるコース

  1. 2年生から設置しているコースです。
  2. 美術の専門的な授業を開設する、府内の普通科の高校で数少ない特色あるコースです。鉛筆デッサンに始まり、水彩画や油絵、版画、立体造形、デザインなど多くの分野を学びます。
  3. 7時限目の講習は、全員参加の必修です。7時限目終了後、クラブ活動や課外活動に時間が利用できます。
  4. 3年生では、美術系大学進学に向け、デッサンなど実技を中心に、より専門的な入試に対応できる実戦力を養います。冬期講習から、センター試験「直前」対策講座、志望大学受験に対応した特別講座を実施し、現役合格を目指します。
  5. 朝テスト・放課後の講習・特別講習は、総合進学コースに準じた内容です。
  6. 美術以外の教科・科目も履修できるので、美術系以外の文系学部への進学も十分に可能です。
  7. 美術の授業や美術部の活動時間で製作した作品をいろいろな展覧会に出品します。その成果は素晴らしいものがあり、大阪私学美術展では、22年間連続で団体優秀賞、また個人賞では、大阪府知事賞など多数の優秀賞を受賞しています。

時間割及び科目別時間帯

時間割

美術コース時間割

科目別時間帯

美術コース時間帯

先生・先輩からのメッセージ

弘 正朋

2年美術コース担任
弘 正朋

美術をいかして

美術コースは、高校2年から開設しているコースで、入学前から美術コースを目指して入った生徒と、入学後美術の授業で興味、関心が高まって入った生徒が学んでいます。美術を幅広く専門的に学びたい生徒にとって、大変魅力的なカリキュラムとなっています。また、授業で学んだことを文化祭や体育大会などの学校行事に活かしたり、毎年各種の展覧会に出品し、全国や大阪府で数多くの賞を受賞しています。

昨年4月に完成した新美術室は授業やクラブ活動、受験対策など様々な用途で使われており、以前に比べるとはるかに機能的で、とても充実した施設ができました。

近年、美術系の国公立大学や、文系の難関大学に進学する生徒も増え、その後の就職もデザイナーや教職員、保育士、美容師、営業職など様々な職場で多くの卒業生が活躍しています。

森本 悠暉

2年美術コース
森本 悠暉
(東大阪市立縄手南中学校出身)

大好きな美術で夢の実現を

僕は、幼い頃から絵を描くのが好きで、高校受験の時から現在にかけてもその気持ちは変わりません。僕が金光八尾高校に進学しようと決めた一番の理由は、2年生から設置される美術コースに、1週間に7時間から9時間もの美術の授業があるということでした。絵画、素描、デザインなど様々な分野を幅広く学べ、技術を磨き、さらにその他の科目も十分に学ぶことができるというところに僕は惹かれました。

入学後はすぐに美術部に入り、B1(728 ㎜ ×1030 ㎜)という大きなサイズの絵に挑戦したり、先輩方の素晴らしい作品を間近に見たりしました。毎年、難関美術系大学に進学する先輩方の様に美術と勉強に打ち込めば、必ず自分の希望する進路に繋がると信じて日々の学業に取り組んでいます。